木更津市|セメント瓦の塗装を検討中の方からのご相談

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

先日木更津市にお住まいのお客様より、屋根塗装についてのご相談がありました。
前回塗装を行ってからずいぶんと経っているそうで、そろそろ塗装を行わなければと思っていたそうです。
早速ご相談を下さったお客様のお家に点検に伺わせていただきました。
ca54417ce46f9ad3af21032d85ff6f70-columns1
使用されている屋根材はセメント瓦と、1階の玄関部分の屋根にはスレート屋根が使用されていました。
セメント瓦はセメントを主成分とした屋根瓦で、耐用年数は、日本瓦(粘度瓦)の半分以下と言われています。
耐震性が他よりも低く、お住まいの耐震性能への関心が高まる中で、セメント瓦の使用は減少している傾向にあります。
セメント瓦は塗装を行う事で、防水機能を持たせています。ですので、定期的な塗装を行っていないと、次第に塗膜が剥がれ、雨水がセメントに含水してしまい、セメント瓦の耐久性がさらに低下してしまいます。
セメント瓦のメンテナンス方法には、塗装ともう一つ、屋根の葺き替えがあげられます。
重量があるセメント瓦は、不具合の発生しやすい屋根材のため、劣化症状に応じて、屋根の塗装ではなく、屋根の葺き替えを検討する必要性もあります。
点検を行ったところ、見られる劣化症状には、塗膜の剥がれやコケ、カビの発生がセメント瓦やスレート屋根にも確認できました。
前回塗装工事をしてからずいぶん経つとおっしゃられていたこともあり、お客様にはそろそろ屋根の葺き替えを検討した方が良いという事をお伝えいたしました。
お客様も、耐震性や劣化の状況を見て、屋根の葺き替え工事を検討されるということでした。
e15a96ed5ad6531d091b514e1a7f6890-1
49dd040c2130c51c999bb42c7f337c97

ちなみに、屋根の葺き替え工事は以下のような流れで行っていきます。

1.既存のセメント瓦を撤去
2.野地板設置
3.防水シート設置
4.新しい屋根材の設置

屋根葺き替え工事は、費用こそ高くついてしまいますが、屋根材だけでなく、防水シートや野地板も一緒に交換してくので、新築と変わらない状態にすることが可能です。
また、現在は割れにくい、耐震性に優れているセメント瓦「ROOGA」も販売されています。

街の屋根やさん千葉中央店では、屋根の塗装や外壁の塗装以外にも必要であれば、屋根の葺き替えやカバー工事といったご提案もさせて頂いております。
点検、調査、お見積り、ご相談全て無料で承っておりますので、お気軽にご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

275364c889657019dd9c3acb3a5c601c

八千代市で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は瓦です。「強風により瓦が割れたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。屋根に上がるとケラバ瓦が割れています。ケラバ部分は釘などで固定されているのですが、割れてしまい落下し...........