施工不良?点検時に見た破風板と笠木の塗膜|千葉市若葉区


「屋根塗装を検討している」という千葉市若葉区のお客様のお家の点検の様子をお届けします。屋根はスレート屋根で、まだ塗装を行ったことはないそうです。経年でスレート屋根によく見られる苔が生えています。反りなども見られませんから、屋根塗装をすれば綺麗になるでしょう。それよりも気になるところがありました。破風や鼻隠し、バルコニーの笠木です。
経年で苔が生えたスレート屋根
まず下の画像を見てください。一見、蛇革のような皮革製品にも見えますが、これは鼻隠しの塗膜です。ある意味、わざと模様にしたような綺麗なひび割れ方をしています。しかし、これでは耐久性を望むべくもなく、破風板は塗膜が剥がれ放題になっています。お客様にお聞きしますと、以前に屋根塗装はしなかったけど、外壁塗装は行ったそうです。その時に破風や鼻隠しも塗ったそうですから、これは施工不良と考えられます。
鼻隠しのひび割れた塗膜
塗膜の剥がれた破風板
バルコニーの手摺りも同じようになっているということで拝見しました。結晶(ちぢみ)塗装のようになっています。車やバイクなどのDIYに詳しい方ならご存知だと思いますが、結晶(ちぢみ)塗装は塗装後、高温で乾燥させることにより、塗膜に細かい突起を無数に作る手法です。もちろん、専用の塗料が必要となり、焼付けする機器も必要になります。バルコニーの笠木に通常、焼付け塗装などは行いません。こちらもひび割れている部分があり、下地が見えている部分があります。
結晶塗装のように見える塗装
塗膜が剥がれて下地が露出
このようになってしまった理由は「希釈率を守らなかった」、「重ね塗り時の乾燥時間を守らなかった」などさまざまな理由が考えられます。破風板と鼻隠しは腐蝕がはじまる前に塗り直さなければなりません。お客様は「業者から説明はなかったけど、模様のようにひび割れしていたり、凸凹していたから剥がれた部分は別としてそういうものだと思っていた」そうです。屋根塗装の他にこちらのお見積もりの作成もご依頼いただきました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

DSC_1145_R-1

千葉市若葉区のお客様より「屋根が汚れてきたので塗装を考えている。一度見に来ていただけませんか。」と、ご相談をいただき瓦屋根の調査を行いました。瓦はモニエル瓦です。主成分はセメントですが、表面は着色スラリーと呼ばれるセメントの着色剤が塗られて...........

P8160013_R

千葉市緑区のお客様より「屋根の塗り替えを考えているので点検してほしい。」と、ご相談をいただき化粧スレート屋根の調査を行いました。化粧スレートは太陽光や紫外線、風雨や埃などの外的影響から守るために塗装で保護しているのですが経年の劣化により塗装...........

PB240084_R-1

船橋市のお客様より「屋根が色褪せてきたので塗り替えを検討している。点検してもらえますか」とご相談をいただき、化粧スレート屋根の調査を行いました。化粧スレート屋根は塗装で保護されており、塗膜の防水機能などによりお家を守っています。一般的に約1...........