急勾配だからこそ気をつけたい、店舗などの洋瓦屋根|千葉市稲毛区


ちょっと古めの店舗に使われている急勾配の洋瓦の屋根、建物をご所有になっている方はこまめにメンテナンスされているでしょうか。屋根によっては垂直に近いような勾配もあり、何らかの不具合が起これば洋瓦がすぐに落下しそうなものも存在します。来店されるお客様のことを考えた場合、絶対に放置できません。
店舗に見られる急勾配の洋瓦の屋根
そういった店舗の屋根から瓦が実際に落下してきたら、どうでしょうか。その店舗に通っていたお客様の間で話題になるでしょうし、人身事故に繋がりかねないことですから、客足は遠退いてしまうでしょう。ご近隣の方にご迷惑をかけてしまう可能性もあります。この度、点検にお伺いしたところは、その起こってはいけない「瓦の落下」起こってしまったそうです。幸いにもお怪我をした方はいらっしゃらなかったそうですが、かなり怖い出来事です。
落下してきた洋瓦の一部
欠けた瓦を復元したところ
大屋根を見てみますと、瓦がしっかりと整列されておらず、崩れかかっているところもあります。漆喰が崩れかかっているところもありますし、瓦を固定していた釘も抜け落ちている部分もあります。普通の勾配の瓦屋根なら瓦が外れても、屋根の上に残るケースも多いのですが、この傾斜だと落下は免れないのではないでしょうか。
漆喰がなくなっている棟部分
土が露出している棟部分
落下防止のためにネットを張る、来店されるお客様に注意を促すなどの対処はできますが、それでも限界があるでしょう。今後、このような心配をしなくて済むように金属で屋根葺き替えをしてしまうのが最良でしょう。洋瓦の屋根に拘りがあるというなら屋根葺き直しになります。いずれにせよ、事故が起こる前に工事をしなければなりません。

同じ地域の施工事例

施工事例

瓦屋根の風害、崩れた棟瓦を積み直す棟瓦取り直しで改善|千葉市稲毛区

DSC_3615_R-1
69102_R
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
軽量なんばん
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

DSC_6474_R

千葉市中央区のお客様より「瓦の屋根が茶色く変色している部分があるので見に来てほしい。」とご相談をいただき、セメント瓦の調査を行いました。セメント瓦はセメントと砂を主な原料としています。塗装されているのが一般的で表面を保護してあります。日本瓦...........

DSC_6316_R

船橋市にて築30年のお客様邸の屋根葺き替え工事が始まりました。地震対策として瓦の屋根から軽量化したいという事でガルバリウム鋼板の屋根に葺き替えます。本日の作業は瓦降ろしになります。瓦降ろしはその名の通り既存の瓦を撤去し降ろす作業です。葺き替...........

P5140020_R

千葉市稲毛区のお客様より「屋根塗装を考えている」とご相談をいただき、調査を行いました。築30年で屋根材は化粧スレートです。前回の屋根塗装から11年経過しているという事で塗装が剥がれ、下地が露出しているところもあります。下地が露出してしまうと...........