屋根塗装と一緒に棟板金交換|千葉市中央区


千葉市中央区のお客様より「屋根に茶色い汚れが目立ってきたので点検してほしい」とご相談をいただき、化粧スレート屋根の調査を行いました。屋根に上がるとお客様が仰っていた茶色い汚れというのは苔やカビだという事が分かりました。調査日は晴天で写真だと陽当たりが良いように見えますが、こちらの屋根は北側の屋根になり日照時間の短い方角になります。苔やカビはジメジメした場所に発生するイメージがあると思いますが、屋根の上にも発生します。屋根の上は確認し難い場所になり、こちらのお客様邸のような状態でご相談をいただく場合も少なくありません。陽当たりが悪い上に塗装が剥がれ防水性が低下してくると、水分を吸収しやすくなりますので苔やカビが発生してしまいます。美観を気にされない方はこのまま放置してしまう事が多く、塗装の劣化が進行してしまうと苔やカビの範囲は拡がり化粧スレートも傷んでしまい、塗装では保護できない状態になる前に屋根塗装を行いましょう。
P3150015_R
P3150027_R
調査を進ねめると、棟板金の釘の浮きを発見しました。釘が錆びており抜けそうな状態になっています。棟板金は風の影響を受けやすく台風などの強風や突風により飛散しやすい部分になります。このような状態になってしまうと固定する力が当然弱くなっています。すぐに飛散しなくても徐々に棟板金が歪んだり浮いてきますので、気が付かなかったり放置してしまうと、いずれ飛散してしまいます。棟板金の下にはルーフィングが葺かれていますが、飛散してしまうと雨漏りに繋がります。棟板金は屋根を守る役割をしていますので、重要な部分になります。釘が浮いているという事は棟板金を固定している貫板が腐食している場合が多いので、釘やビスで留め直しても耐久性が期待できません。ですから、お客様には棟板金の交換と屋根塗装をご提案しました。
P3150012_R
P3150029_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

習志野市で強風により剥がれた軒天化粧ベニヤを張替!タフモックで棟板金の下地も補強

軒天の剥がれ点検
軒天張替工事
工事内容
破風板・軒天部分補修
棟板金交換
使用素材
軒天用化粧ベニヤ 樹脂製貫板タフモック
築年数
築40年以上
建坪
保証
工事費用
施工事例

強風により飛散した棟板金の交換工事|千葉市若葉区

DSC_4121_R-1
P1060049_R
工事内容
棟板金交換
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

千葉市中央区にて、パーフェクトシリーズで屋根・外壁塗装

DSC_5667_R
P7020005_R
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根塗装
 日本ペイント
 パーフェクトベスト
(ナポリブラウン)
外壁塗装
 日本ペイント
 パーフェクトトップ
 (2階ND-372)
 (1階ND-375)
築年数
18年
建坪
保証
10年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

P4120057_R

千葉市中央区のお客様より「近隣の方から屋根の板金が剥がれていると言われたので点検してほしい」とご相談をいただき、化粧スレートの棟板金調査を行いました。棟板金には下地材となる貫板を屋根に固定し、板金を覆うのですが貫板は木製ですのでどうしても経...........

P4120069_R

千葉市中央区のお客様より「屋根の板金が剥がれてしまって地面に落ちていた。屋根の状態が心配なので点検してほしい」とご相談をいただき、化粧スレート屋根の棟板金調査を行いました。最近、風の強い日が続きますが台風や強風の影響を受けてお問い合わせをい...........

DSC_6660_R

習志野市のお客様より「棟板金が剥がれているので見に来てほしい。どうやら貫板も腐食しているようです」とご相談をいただき、化粧スレート屋根の棟板金調査を行いました。屋根に上がり棟部分を確認すると、棟板金が飛散しており、貫板が残っている状態です。...........