屋根の表面が綺麗でも雨漏りする可能性あり|千葉市緑区

【台風21号、台風24号で被災された方へ10/25更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

千葉市緑区のお客様から「屋根が何ともないのに雨漏りしてきた。外壁にひび割れもないので調べて原因を教えてほしい」とご相談を承れました。雨漏りの原因は多々ありますが、屋根からが多いというのも事実です。屋根が綺麗であれば、雨漏りしてくるのが不思議ということも納得できます。
天井の雨染み
お部屋の天井には雨漏りの跡である雨染みがしっかりとできていました。天井クロスのパターンに合わせたように左右対称に広がっています。模様のようにも見えなくはないのですが、綺麗な白い場所に現れたのですからやはり嫌なものです。しっかりと雨漏りの原因を探っていきます。
屋根裏の雨漏り跡
屋根は綺麗
屋根の下に入り、小屋裏を点検します。やはり、雨水が浸入してきた跡がありました。垂木(画像では右斜め上から左斜め下に向かっている木材)の横に雨染みが散見されます。どうやら屋根から浸入してきていることは確実なようです。ところが屋根を見てみますと棟の歪みもなく、瓦も綺麗に整列しており、ズレもありません。綺麗な瓦屋根です。
漆喰がちょっと劣化
防水紙が裂けていた
棟や鬼瓦を固定している漆喰を見てみますとちょっと傷みは出ているものの、雨漏りするほどではありません。屋根の表面が健全である場合の屋根からの雨漏りは、防水紙の不具合が疑われます。瓦を外して確かめてみますと… 防水紙が裂けていました。防水紙は全面的に傷んでおり、他の部分では穴が開いていたり、切れていたりして、機能していない状態です。金属以外の屋根材は横殴りの雨が降ると、屋根材の下へと雨が浸入していきます。それが内部へ染みないようにしているのが防水紙なのです。これは防水紙を交換する必要があります。

防水紙を交換するには瓦を一時的に撤去しなければなりません。後々のリスクを考えれば、屋根全体の防水紙を交換すべきでしょう。そうなると、屋根全体の瓦を外さなければなりません。こうなると屋根葺き直しとなります。軽い屋根を御望みであれば、金属屋根などに屋根葺き替えをしてしまうのもいいでしょう。お客様には屋根葺き直しと屋根葺き替え、2つのお見積もりを作成し、お渡しします。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

b8a11c269409652cd2a237a431ff0965

船橋市で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は化粧スレートです。「築26年で15年程前に屋根塗装を行ったが色褪せが気になるのでメンテナンスをしたい。」と、お問い合わせをいただきました。一般的に塗装メンテナンスは10年毎と言われています...........

9cb362d5ab4c66098f95b97548cf48db

千葉市若葉区にて行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は瓦です。台風24号の通過後、瓦の破片が地面に落ちているのに気が付き、屋根の状態が心配なのでお問い合わせをいただきました。お客様に瓦の破片が落ちていた場所にご案内していただき屋根を点...........