屋根のコケが気になるというお客様からのご相談|千葉市中央区

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

「屋根のコケが気になるのでなんとかしたい」といったご相談を千葉市中央区のお客様から承りました。
たまたま2階の窓から一部の屋根が見えたそうで、見た目が悪いと感じ、ご相談を下さいました。
確かに、屋根にコケが生えている状態を見るとどうしても美観が損なわれてしましますよね。
本日は、屋根にコケが生えてしまった原因と、その対処法をご紹介したいと思います。
ba6b3f989e7f261b9f135e985f11e6f5-1-columns1
街の屋根やさんでは多くのお家の屋根を点検しております。
やはり、屋根に上って点検すると多くのお家で屋根にコケが生えていることを確認できます。
今回ご相談を下さったお客様の屋根もコケがびっしりと生えておりました。
屋根にコケが生えてしまう箇所は主に、日の当たらない箇所が多く、苔が生えてしまう事で、雨水を吸収し水分を蓄えてしまいます。そうなると、屋根材自体の劣化が進み、本来の屋根の機能を果たせなくなってしまいます。
また、コケが生えてしまう原因には、屋根材が古くなってしまっていたり、塗膜が剥がれていって雨水を浸透しやすい状況などの理由もあります。
c649ed0fd58c26a281f2143227d20a42
7a8c80bb04dd8532d73ff3fdd963c2ba-1
屋根にコケが生えてしまっている場合は、屋根の洗浄でコケを落としていきましょう。
ブラシなどでも落とす事は可能ですが、やはり高圧洗浄でしっかり落とす事がおすすめです。
ブラシで洗浄する場合には、ご自身で行いやすいというメリットもありますが、やはり屋根の上での作業は一般の方では危険です。
できるのであれば、やはりプロの業者に任せて洗浄をしてもらいましょう。
また、洗浄を行ったうえで屋根の色褪せや屋根材事態の劣化が見られるようでしたら、屋根の塗装や、葺き替えを一緒に行ってもらうことがお勧めです。
今回点検を行ったお客様の屋根はスレート屋根でした。
スレート屋根の場合は、金属屋根と比べて耐久性が少し低めです。ですので、劣化や変色の時期も早い段階で見られます。屋根は塗膜が劣化しはがれてしまうと、雨水が入り込みやすく、お家の内部を腐らせていってしまいます。
外壁塗装は約10年でメンテナンスとされているように、屋根の塗装も約10年に一度の頻度でメンテナンスを行いましょう。
屋根、外壁ともに耐久年数が同じ塗料を使う事で、同じ時期に塗装を行う事ができ、足場代の節約にもなります。
屋根のコケが気になる方は一度、この機会にお家のメンテナンスを行ってみてはいかがでしょうか。

同じ地域の施工事例

施工事例

千葉市中央区で遮熱塗料・ハイブリッド塗料を使用し屋根外壁塗装工事

PA070243_R
千葉市 屋根外壁塗装工事後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根塗装
 日本ペイント
 サーモアイSi
(クールナポリブラウン)
外壁塗装
 日本ペイント
 パーフェクトトップ
 (2階ND-155)
 (1階ND-376)
築年数
12年
建坪
保証
10年
工事費用
施工事例

千葉市中央区にて、パーフェクトシリーズで屋根・外壁塗装

DSC_5667_R
P7020005_R
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根塗装
 日本ペイント
 パーフェクトベスト
(ナポリブラウン)
外壁塗装
 日本ペイント
 パーフェクトトップ
 (2階ND-372)
 (1階ND-375)
築年数
18年
建坪
保証
10年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

275364c889657019dd9c3acb3a5c601c

八千代市で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は瓦です。「強風により瓦が割れたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。屋根に上がるとケラバ瓦が割れています。ケラバ部分は釘などで固定されているのですが、割れてしまい落下し...........