屋根とサッシ枠の劣化で雨漏りが止まらない|千葉市緑区

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

「1年前に雨漏りしたけど、その後は何ともなかった。しかし、この数ヶ月であらゆるところから雨漏りがするようになってしまった」というお客様です。『雨漏りしたけど、その後は何ともなく、再度、はじまった』というお話はよく聞きますが、一気にあらゆるところから雨漏りするようになったというケースはそれこそ、酷い自然災害にも合わない限りあまり聞きません。何があったというのでしょうか。
大屋根の様子
屋根は金属で瓦棒葺きでした。ご覧のとおり、大屋根(最上階の屋根)は色褪せが出ており、少し錆も見られますが、問題はないようです。勾配が緩いところが気になりますが、金属屋根で瓦棒葺きならば許容範囲です。勾配が緩いと雨水の流れも遅くなり、屋根にとどまる時間も増えるので雨漏りのリスクも増えるのですが、大屋根からの雨漏りはないとのことです。
金属屋根の錆
屋根の雨漏り補修
こちらは下屋(1階部分の屋根)の様子です。酷く錆びている部分がありますが、現時点で穴は開いておらず、ここからは雨漏りしていないでしょう。それよりも問題なのが瓦棒の凸部です。この中には棒(木製)が納められており、ここに釘などで表面の屋根材が固定されています。画像でも分かるとおり、ここにテープが貼られています。このテープの下の錆びが酷く、穴が開いているところもあり、ここから雨水が浸入し、雨漏りしてくるようだとお客様はおっしゃっていました。確かにテープが貼られている部分に穴が開いていれば、かなりの雨漏りに繋がるでしょう。
サッシ枠からの雨漏り
屋根の雨漏り補修
雨水の浸入箇所は屋根だけではなく、サッシ枠からも雨漏りしているということでした。こちらもテープでふさがれています、破風の方も雨水を吸ってしまい、腐食がはじまっています。お客様にお話を聞くと、「さまざまところから雨漏りがはじまり、予算的なこともあり、テープなどで対処しながら屋根を直すべきか壁を直すべきか迷っているうちに一気に悪化してしまった」ということです。

屋根の方は屋根カバー工事を行い、窓枠の方は水切り金具を設置することで雨漏りは解消できます。問題は外壁のサイディングの傷み具合で、場合によっては一部、張り替えが必要な部分も出てきそうです。雨漏りが再発した時点で私達にご相談くださればと思わずにいられない点検になってしまいました。お家の異変を見つけたら、すぐに街の屋根やさんにご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

275364c889657019dd9c3acb3a5c601c

八千代市で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は瓦です。「強風により瓦が割れたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。屋根に上がるとケラバ瓦が割れています。ケラバ部分は釘などで固定されているのですが、割れてしまい落下し...........