「この前の雪で屋根が危険な状態ですよ」という業者に要注意|千葉市若葉区

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

スレート屋根
強烈な悪天候の後は誰しもお家が被害を受けていないか心配になりますよね。そんな心理に付け込んで、あることないことを吹聴して契約を結ぼうとするのが悪徳業者です。先日もお客様から「この前の雪で屋根が大変な状態になってます」と訪問してきた業者から指摘されたとご相談がありました。
棟板金の釘の浮き
棟板金の浮き
一見すると綺麗なスレート屋根です。屋根塗装してから数年しか経っていないのではないでしょうか。お客様も数年前に屋根塗装したばかりとおっしゃっていました。ところが、結構、おかしな部分があります。まず、棟板金の釘が浮いており、それが塗料で塗られています。釘を打ち込まず塗ったことが証拠です。そして、棟板金が浮いています。それは大風の影響かもしれないのですが、その奥までしっかり塗られています。屋根塗装した当時から浮いていたのでしょう。そうでなければ、ここまで奥には塗れません。
縁切りされていない部分と反っている部分
塗膜の剥がれ
お客様はその業者から「雨漏りの疑いがある」とも言われたそうです。確かに何となく部屋に湿気が多いとは思っていたそうです。このスレート屋根、タスペーサーを使って縁切りされた形跡がありません。これでは近いうちに雨漏りしてしまうでしょう。

雪の影響ではなかったのですが、確かに屋根は危険な状態でした。嘘から出たまことって起こるものなのですね。塗膜が剥がれているところもあります。おそらく、しっかりと高圧洗浄をしなかったのでしょう。こうなってしまうと、業者泣かせです。棟板金の交換を行うとして、その他はやってみなければ分からないことが多くなります。まず、縁切りですが、現状で塗膜が剥がれている部分があり、洗浄不足の疑いがあります。他の部分も洗浄不足の可能性がありますので、縁切りを行うとさまざまなところで塗膜の剥がれが起こる可能性があります。再度、屋根塗装するにしてもスレートが反ってきている部分もあるし、それがどこまで持つかは微妙なところです。

数年前、屋根塗装したとのことですが、ここは思いきって屋根カバー工法をするしかない状態です。結局、泣かされるのはお客様なのです。屋根リフォームをする際はブログや施工事例などできちんとした施工を行っているかどうかを確認して業者を選ぶ必要があるでしょう。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

275364c889657019dd9c3acb3a5c601c

八千代市で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は瓦です。「強風により瓦が割れたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。屋根に上がるとケラバ瓦が割れています。ケラバ部分は釘などで固定されているのですが、割れてしまい落下し...........