実は縁切りされていなかった屋根を調査|千葉市緑区

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

「前回塗装をしてから屋根の点検をしたことがなくて、一度点検してもらえますか」
というご相談がありました。
お話を伺うと、特に今のところ雨漏りなどの症状は無く、問題ないかと思っていたそうですが、街の屋根やさん千葉中央店の現場ブログを拝見して、自分の屋根の状況が気になり、無料点検を依頼していただきました。
ba6b3f989e7f261b9f135e985f11e6f5-columns1
早速屋根の点検に伺わせていただきました。
まず最初に気になったのが、スレートの隙間からの水跡です。確認してみると、屋根の縁切りがしっかりとされていない状況でした。
ちなみに、縁切りとは、スレート屋根を塗装する際に、スレート瓦の重ね目に塗料が入り込みそのまま乾燥してしまい塗膜で隙間が塞がってしまうのを防ぐために隙間を作ります。
新築時のスレート屋根は工場で塗装され完全に乾燥してから運ばれてくるため、問題はありませんが、次に屋根塗装をする場合には、縁切りの工程が必要になります。
また、縁切りを行わなくても良いタスペーサーというものがあります。
スレート瓦の重ね目に差し込んで隙間を確保することができる縁切り用の部材です。
一般の屋根だとおおよそ1000個使用するそうです。
タスペーサーを使用することで、縁切りをする必要が無いため、最近ではタスペーサーを使用するのが主流となってきています。
7a8c80bb04dd8532d73ff3fdd963c2ba
31da7b7ea80d976ba176e8a1f803328c
屋根に降り注いだ雨水は、スレート瓦の重ね目の隙間を抜け出ることで、屋根の内部に雨水が溜まらないようになっています。
しかし、縁切りされずに、スレートの重ね目に塗膜が塞がってしまっている状態だと屋根の内部に雨水が浸入したままになってしまうため、雨漏りの原因となってしまいます。
雨漏りは症状が出ているときには、お家の腐食が進んでしまっており重症化していることが多いので、縁切りは必ず行わなければなりません。
縁切りの作業はとても時間のかかる作業の為か、中には縁切りの工程を飛ばしてしまう業者もいます。
縁切りが行われていないことが判明した場合は、屋根と屋根裏の点検も行いましょう。
雨漏りがまだ起こっていなくとも、雨漏り予備軍の症状が出始めているかもしれません。
今回点検に伺ったお家も縁切りをしっかりとされていなかったため、屋根裏の状況も一緒に確認いたしました。
縁切りでのトラブルを回避するためには、屋根塗装の前に、業者との確認やお見積りの内容をしっかりと確認するほか、工事が終わった場合は、写真つきの報告書を貰うようにして、完成後に縁切りがしっかりされているかどうかの確認も行いましょう。

雨漏りなどの症状もないから大丈夫ということはありませんので、前回塗装をしてからまだ点検を一度もされていない方は、街の屋根やさん千葉中央店までご相談ください。
点検、調査、ご相談全て無料で承っております。お気軽にお問い合わせください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

275364c889657019dd9c3acb3a5c601c

八千代市で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は瓦です。「強風により瓦が割れたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。屋根に上がるとケラバ瓦が割れています。ケラバ部分は釘などで固定されているのですが、割れてしまい落下し...........