定期的に漆喰の確認をしましょう|千葉市中央区


千葉市中央区の「漆喰が無くなっている部分があるので補修してほしい」とご相談をいただいたお客様邸にて漆喰詰め直し工事を行ないました。詰め直しはする箇所は部分的に行い、鬼瓦エブリ台下と大棟と隅棟の接合部分の面戸1箇所になります。漆喰は建物内部への雨水の浸入を防いだり、瓦と瓦を固定する接着剤の役割を担っています。お家にとってとても重要な部分になり、剥がれなどの傷みを放置してしまうと棟が歪んでしまい倒壊する危険性に繋がります。また、雨漏りの発生や瓦の落下などの発生にも繋がりますので早期対応が必要になります。
DSC_6349_R
DSC_6341_R-2
漆喰の剥がれは普段から常に確認できる部分ではありませんので雨漏りが発生してから気が付くことも少なくありません。屋根の棟は風の影響を受けやすいので漆喰を定期的に確認する様に心掛けましょう。定期的に点検を行う事で不具合が発生した際に早期に対応ができ工事費用を安価にできます。新しく漆喰を詰めたことで粘性もありますので補修箇所は数年で剥がれる心配や雨漏りの心配もありませんのでお客様も安心していただけました。
DSC_6455_R
DSC_6444_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

同じ地域の施工事例

施工事例

千葉市中央区大森町にてスレート屋根から雨漏りする前に屋根塗装、棟板金交換工事で解消

スレート屋根工事前調査
屋根塗装、棟板金交換工事完了
工事内容
棟板金交換
屋根塗装
足場
使用素材
日本ペイントサーモアイSI
築年数
35年
建坪
109㎡
保証
10年
工事費用
80万円 仮設足場費用含む
施工事例

千葉市中央区蘇我でトタン屋根を垂木から作り直して屋根葺き替え

強風被害を受けた金属屋根
ガルバリウムの波板に葺き替えられた屋根
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム製波板
築年数
50年以上
建坪
約15坪
保証
10年
工事費用
約115万円
施工事例

千葉市中央区大巌寺町のお住まいにて3回目の工事依頼、雨樋交換工事で漏水を改善

雨樋の歪み
雨樋交換工事
工事内容
雨樋交換
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

DSC_6345_R

千葉市花見川区のお客様より「強風が吹いた次の日に瓦が外れているのを見つけたので屋根の点検をしてほしい」とご相談をいただき、瓦屋根の調査を行いました。お客様にご案内していただき屋根に上がると、外れた瓦は軒先で止まっていました。止まっていた場所...........

P3060043_R

千葉市中央区のお客様より「漆喰にひび割れがあるので見に来てほしい」とご相談をいただき、漆喰調査を行いました。その箇所をお客様にご案内していただくと、隅棟の漆喰がひび割れているのを発見しました。漆喰は棟の固定や瓦と瓦を接着する役目を担っており...........