定期的に屋根塗装を行い耐久性を維持|四街道市

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

四街道市のお客様より「屋根の汚れや色褪せが気になってきたので塗装をした方が良いのでしょうか。」と、ご相談をいただき化粧スレート屋根の調査を行いました。屋根は塗装で保護されていますが、太陽光や紫外線、風雨などに晒されているわけですから、必ず劣化してしまいます。劣化すると塗装が剥がれてきますので、色褪せた状態になってしまうのです。色褪せた状態の屋根は近くで確認すると下地が露出していたりと防水性や耐久性が低下しています。屋根材は四季の寒暖や様々な天候による影響で膨張と収縮を繰り返していますので、塗装で保護されていない部分は割れや反りなどの不具合を発生させることに繋がります。一般的に塗り替え時期は10年毎と言われていますが、メンテナンスを行わないと屋根材の傷みが進行して塗装での耐候性が期待できなくなりますので定期的に確認するよう心掛けて下さい。
P8070011_R
P8070015_R
1階の屋根も2階同様に色褪せが目立ち劣化が進んでいます。陽当たりが悪く日陰になりやすい北側には苔やカビが発生しています。苔やカビは水分を好み繁殖しますので、化粧スレートが水分を含んでいる状態になります。お住まいの立地や方角によって傷みの状態は異なりますので、注意が必要になります。下から見上げても分からない場所は2階の窓から確認する事をお勧めします。幸いな事に化粧スレートに割れや反りなどの不具合は無く、塗装で保護できる状態ですので、お客様には屋根塗装工事のご提案をしました。
P8070032_R
P8070055_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

275364c889657019dd9c3acb3a5c601c

八千代市で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は瓦です。「強風により瓦が割れたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。屋根に上がるとケラバ瓦が割れています。ケラバ部分は釘などで固定されているのですが、割れてしまい落下し...........