天窓から雨漏りもしっかり止めます|千葉市若葉区

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

天窓のある暮らしって素敵ですよね。昼間はお部屋が明るいし、自然の採光なので何よりも気持ちいいのが素晴らしいところです。そんな天窓ですが、屋根などに設置されている以上、雨漏りの原因となるリスクを持っています。千葉市若葉区のお客様は最近になって、強風時の雨の場合のみ、雨漏りするようになってしまったとのことです。
天窓
お家は定期的にメンテナンスされているそうで、屋根塗装も数年前に行ったそうです。セメント瓦の屋根もしっかりと塗装されており、とても綺麗な屋根です。さて、問題の天窓はいいますとこちらもまたしっかりしています。天窓の瓦の間に葉が挟まっていますが、一枚だけなので問題ないでしょう(撮影後に取り除きました)。
天窓の上方部分
枯れ葉
天窓の枠の周りを観察してみますと、ちょっと怪しい部分がありました。シールの継ぎ目でしょうか、それとも切れているのでしょうか。少し、隙間が開いています。おそらく、ここから雨水が浸入していると思われます。これはちょっと困ったことになったかもしれません。
雨水が浸入しそうな部分
天窓の上方部分
天窓の最盛期には国内に10社ほどの天窓メーカーが存在しましたが、現在では2社しかありません。つまり、メンテナンスしようとも部品が手に入らない状態なのです。雨漏りを直すため、天窓などを解体したのはいいものの、不具合が出ている部品が手に入らなければお手上げです。代替品が使えればよいのですが、こればかりは分解してみないと分かりません。

お客様には天窓のメーカーとその製品名を調べて、代替品があるかどうかを確認してから、再度、ご連絡とますとお伝えしました。取り敢えずは目に見える部分の補修を行い、それで雨漏りが止まらない場合は撤去か違うメーカーへのものへ交換となります。幸いにも日本ベルックスからは他のメーカーの天窓と交換できる商品もあります。天窓のことでお悩みの方も街の屋根やさんへご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

275364c889657019dd9c3acb3a5c601c

八千代市で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は瓦です。「強風により瓦が割れたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。屋根に上がるとケラバ瓦が割れています。ケラバ部分は釘などで固定されているのですが、割れてしまい落下し...........