土居熨斗瓦が外れると雨漏りに繋がります|千葉市中央区

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

千葉市中央区のお客様より「瓦が1枚外れているのを見つけたのですが、他にも外れていないか心配なので点検してほしい」とご相談をいただき、瓦屋根の調査を行いました。外れた箇所をお客様に案内していただくと、1階壁際の土居のし部分の熨斗瓦が外れていました。熨斗瓦を留めていた釘が経年の劣化により錆び、腐食してしまったことが外れた原因になります。土居のしは、壁と屋根との取り合いの部分のことを指し、雨天時に外壁を伝い流れてきた雨水を下へ流す役割をしており、建物内部への雨水の浸入を防いでいます。このように雨水の浸入を防いでいる重要な部分になりますので雨漏りを発生させない為にも早期対応が必要です。
DSC_5605_R
DSC_5611_R
外れてしまった部分以外を調査すると、本来真っ直ぐ施工されている熨斗瓦にズレが生じているのを発見しました。経年や風や地震などの揺れの影響で、土居のしの漆喰は徐々に固定する力が弱くなる事により熨斗瓦にズレが生じます。外れた部分のみ熨斗瓦を納め直す事も可能です。しかし、今後の事を考えると他の部分も次々と外れていく可能性があります。ですから、お客様には土居のしの漆喰取り直し工事をご提案しました。
DSC_5612_R
DSC_5608_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

四街道市でスーパーガルテクトによる葺き替え工事とラジカル制御型塗料での屋根塗装実施

スレート屋根の葺き替え前
スーパーガルテクトの葺き替え完了
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根塗装
使用素材
大屋根:スーパーガルテクト(Sシェイドチャコール) 下屋:ファインパーフェクトベスト(ダークグレー)
築年数
築35年
建坪
保証
葺き替え10年 塗装10年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

千葉市中央区で遮熱塗料・ハイブリッド塗料を使用し屋根外壁塗装工事

PA070243_R
千葉市 屋根外壁塗装工事後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根塗装
 日本ペイント
 サーモアイSi
(クールナポリブラウン)
外壁塗装
 日本ペイント
 パーフェクトトップ
 (2階ND-155)
 (1階ND-376)
築年数
12年
建坪
保証
10年
工事費用
施工事例

千葉市中央区にて、パーフェクトシリーズで屋根・外壁塗装

DSC_5667_R
P7020005_R
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根塗装
 日本ペイント
 パーフェクトベスト
(ナポリブラウン)
外壁塗装
 日本ペイント
 パーフェクトトップ
 (2階ND-372)
 (1階ND-375)
築年数
18年
建坪
保証
10年
工事費用