四街道市|軽量で長持ちな乾式棟ハイロールを使った棟取り直し工事


本日は四街道市で行った棟取り直し工事の様子です。棟には漆喰が使われていますが、経年によって漆喰が剥がれてしまい、棟自体が曲がってきたことで棟を一旦解体し、作り直す棟取り直し工事を行うこととなりました。
05bf48c5bb925305ee78bc4e5f286a99
これから工事を行う棟の状態です。屋根材自体は問題なさそうですが、漆喰部分は経年で表面にも汚れがでてきていることが分かります。
af644a826824704b6e8949fc370c9262
漆喰を更に近くで見てみると、ひび割れしていることがわかります。漆喰が剥がれると、中の土が出てきてしまい、結果として棟を支えられなくなって曲がったり最悪崩れたりしてしまいます。

ハイロールを使った棟取り直し工事

10af0667b116f76e27ce6eae53f1250d
棟取り直し工事ではまず既存の棟瓦を撤去します。使われていた棟瓦は棟を作り直す時にも必要なので、割れたりしないように整頓して保管しておきます。
新しい棟には漆喰は使いません。その代りに乾式棟防水材ハイロールを使いますので、新たに心木を取り付けていきます。
f3dde8c3826a6eb13d1980d1ce07aab3
心木の上からハイロールを取り付けていきます。水分が屋内に入らないように、隙間が生じないように設置します。ハイロールは粘着性で太陽の熱で溶けてさらに強く密着します。

漆喰や土がを使わないので棟が軽くなる

4758d63464b99923156d24c83a576a7f
続いて棟瓦を取り付ければ棟取り直し工事は完了です。
今までは漆喰を使った棟でしたが、今回のようなハイロールを使った棟になったことで土や漆喰を使わない分、軽量になりました。それによって地震の揺れによるダメージも少ないのでこれからは安心ですね。
また、ハイロールの特徴として、屋根からの防水はしっかりしていることに加え、小屋裏にこもった熱気や湿気を効率よく輩出します。建物はとって湿気は大敵ですので、湿気が籠りにくくなれば建物自体も長持ちします。
街の屋根やさんではお住まいの状態やお施主様の要望に合わせ、最適な工事をご提案いたします。これから屋根リフォームをお考えの方はお気軽にご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

DSC_1145_R-1

千葉市若葉区のお客様より「屋根が汚れてきたので塗装を考えている。一度見に来ていただけませんか。」と、ご相談をいただき瓦屋根の調査を行いました。瓦はモニエル瓦です。主成分はセメントですが、表面は着色スラリーと呼ばれるセメントの着色剤が塗られて...........

P8160013_R

千葉市緑区のお客様より「屋根の塗り替えを考えているので点検してほしい。」と、ご相談をいただき化粧スレート屋根の調査を行いました。化粧スレートは太陽光や紫外線、風雨や埃などの外的影響から守るために塗装で保護しているのですが経年の劣化により塗装...........

PB240084_R-1

船橋市のお客様より「屋根が色褪せてきたので塗り替えを検討している。点検してもらえますか」とご相談をいただき、化粧スレート屋根の調査を行いました。化粧スレート屋根は塗装で保護されており、塗膜の防水機能などによりお家を守っています。一般的に約1...........