四街道市鹿渡で棟瓦のズレ、崩れる前に棟取り直しで解消


四街道市鹿渡で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は瓦です。「庭に漆喰が落ちていたので屋根を点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。瓦屋根に使用する漆喰は瓦と瓦を固定する接着剤のような役割を果たしております。また、雨水が建物内部に浸入するのを防ぐ重要な役割を担っています。漆喰が剥がれてしまうと屋根に不具合が発生してしまいますので、調査を開始すると棟全体が歪んでおり、のし瓦がずれているのを発見しました。
四街道市鹿渡で棟の歪みが発生しています
四街道市鹿渡で棟ののし瓦のズレ
棟が歪んでしまう原因としては、棟の土台となっている葺き土の劣化が挙げられます。冠瓦やのし瓦の継目から雨水が浸入してしまう事で葺き土の固定する力が低下し、葺き土外側へと崩れてしまう事で面戸部分の漆喰が剥がれてしまい棟が歪んでしまうのです。棟が歪んでしまうと、のし瓦がズレてしまいます。のし瓦や冠瓦が外れてしまうと葺き土が露出してしまい、棟の崩壊や雨漏りに繋がりますので早期対応が必要になります。
四街道市鹿渡で漆喰が剥がれて葺き土が露出しています
四街道市鹿渡で漆喰の剥がれ
四街道市鹿渡で鬼瓦廻りの漆喰が剥がれているので外れて落下する危険性があります
調査を進めると鬼瓦廻りの漆喰が剥がれているのを発見しました。このままですと、鬼瓦が外れて落下する危険性や雨漏りに繋がります。瓦が落下してしまうと周囲の瓦に干渉し割ってしまい被害が拡大してしまったり、落下した瓦が人に当たり人身事故に繋がる危険性がありますので、お客様には調査の報告をし、棟取り直しをご提案しました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

八千代市八千代台南でガイドライン工法による棟取り直しで屋根を軽量化

太陽熱温水器ありの棟取り直し前の瓦屋根
棟取り直し後の瓦屋根
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
乾式面戸ハイロール,パッキン付きステンレスビス
築年数
築25年
建坪
保証
無し
工事費用
約32万円
施工事例

四街道市みそらでガイドライン工法による棟取り直しで瓦屋根を軽量化

棟の面戸の漆喰が劣化
乾式工法で取り直された棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
樹脂製芯木,ハイロール
築年数
築22年
建坪
保証
無し
工事費用
約45万円
施工事例

八街市吉倉で瓦屋根の棟取り直しと軒天カバー工法で屋根廻りを刷新

棟がずれた瓦屋根
棟取り直しでずれを解消した瓦屋根
工事内容
破風板・軒天部分補修
棟瓦取り直し
使用素材
軽量シルガード(棟取り直し)
ケイ酸カルシウム板(軒天)
ケンエースG-Ⅱ(軒天塗装)
築年数
築26年
建坪
保証
0年
工事費用
約30万円

同じ地域の施工事例

施工事例

四街道市みそらでガイドライン工法による棟取り直しで瓦屋根を軽量化

棟の面戸の漆喰が劣化
乾式工法で取り直された棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
樹脂製芯木,ハイロール
築年数
築22年
建坪
保証
無し
工事費用
約45万円
施工事例

四街道市物井で棟板金の釘の緩みをきっかけに樹脂製貫板を使用して棟板金交換

棟板金交換前のスレート屋根
棟板金交換竣工
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板製棟包(棟板金),樹脂製貫板
築年数
築16年
建坪
保証
工事費用
施工事例

四街道市池花で瓦屋根の部分的な葺き直しでラバーロックと雨漏り解消

ラバーロックされた瓦屋根
ラバーロックを解消し、部分的な葺き直し
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
築年数
28年
建坪
保証
工事費用