四街道市美しが丘で丸伏せ工法の棟の釘が浮いているので固定する力が低下、棟取り直しで解消


四街道市美しが丘で行った屋根調査をご紹介します。屋根材は瓦です。「屋根の漆喰(しっくい)のようなものが庭に落ちていたので、点検をお願いできますか。」と、お問い合わせをいただきました。漆喰は瓦屋根の棟部分に使われており、棟瓦と桟瓦を固定する接着剤のような役割を果たしております。また、雨水の浸入を防ぐ重要な役割を果たしておりますので、剥がれてしまうと雨漏りの原因になってしまいますので定期的にメンテナンスを行う事を推奨します。
四街道市美しが丘で瓦屋根の調査
四街道市美しが丘で漆喰の剥がれ
調査を続けると棟を留めている釘の浮きを発見しました。丸瓦1段積みの棟は丸伏せ工法と呼ばれており、のし瓦や鬼瓦を使用しないので、工期の短縮や工事費用を抑えることが出来ます。丸瓦は棟の内部にある下地材の貫板に釘で留めてあり固定しています。下地材に使用する貫板の殆どは木製が使用されており、経年と共に劣化してしまいます。劣化すると、腐食などの不具合が発生し釘の効きが悪くなる事が原因で浮いてきてしまうのです。
四街道市美しが丘で隅棟の釘の浮き
四街道市美しが丘で棟の釘が浮いて固定する力が低下してしまいます
大棟の調査を行うと、大棟と隅棟の取合い部分の三ツ又も釘が浮いております。このままですと、棟の三ツ又や丸瓦が強風や突風により飛散してしまう危険性に繋がります。飛散や落下してしまうと、衝撃で瓦同士が干渉してしまい周囲の瓦が割れてしまう二次被害に繋がります。
四街道市美しが丘で三ツ又瓦の釘の浮き
周囲の瓦が割れてしまうと、防水紙が露出してしまうので雨漏りの原因になってしまいます。また、瓦が飛散、落下してしまうと人身事故に繋がる危険性もあります。漆喰も傷んでおり、釘が浮いている棟は棟取り直しでのメンテナンス時期になります。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

八千代市八千代台南でガイドライン工法による棟取り直しで屋根を軽量化

太陽熱温水器ありの棟取り直し前の瓦屋根
棟取り直し後の瓦屋根
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
乾式面戸ハイロール,パッキン付きステンレスビス
築年数
築25年
建坪
保証
無し
工事費用
約32万円
施工事例

四街道市みそらでガイドライン工法による棟取り直しで瓦屋根を軽量化

棟の面戸の漆喰が劣化
乾式工法で取り直された棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
樹脂製芯木,ハイロール
築年数
築22年
建坪
保証
無し
工事費用
約45万円
施工事例

八街市吉倉で瓦屋根の棟取り直しと軒天カバー工法で屋根廻りを刷新

棟がずれた瓦屋根
棟取り直しでずれを解消した瓦屋根
工事内容
破風板・軒天部分補修
棟瓦取り直し
使用素材
軽量シルガード(棟取り直し)
ケイ酸カルシウム板(軒天)
ケンエースG-Ⅱ(軒天塗装)
築年数
築26年
建坪
保証
0年
工事費用
約30万円

同じ地域の施工事例

施工事例

四街道市みそらでガイドライン工法による棟取り直しで瓦屋根を軽量化

棟の面戸の漆喰が劣化
乾式工法で取り直された棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
樹脂製芯木,ハイロール
築年数
築22年
建坪
保証
無し
工事費用
約45万円
施工事例

四街道市物井で棟板金の釘の緩みをきっかけに樹脂製貫板を使用して棟板金交換

棟板金交換前のスレート屋根
棟板金交換竣工
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板製棟包(棟板金),樹脂製貫板
築年数
築16年
建坪
保証
工事費用
施工事例

四街道市池花で瓦屋根の部分的な葺き直しでラバーロックと雨漏り解消

ラバーロックされた瓦屋根
ラバーロックを解消し、部分的な葺き直し
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
築年数
28年
建坪
保証
工事費用