四街道市旭ケ丘でシルガードや樹脂製貫板のタフモックを使用した棟取り直し工事を実施


四街道市旭ヶ丘で行った棟取り直し工事の様子をご紹介します。「風の強い日に屋根からカタカタと音がするので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただき調査したところ、棟の漆喰の剥がれなどが原因で棟瓦の固定する力が低下していました。放置してしまうと、漆喰の剥がれ部分から雨水が浸入しやすくなるので雨漏りに繋がったり、棟瓦が強風などの影響により落下する危険性がありますので棟取り直し工事を行なう運びとなりました。
四街道市旭ヶ丘で漆喰が剥がれているので棟取り直し工事を実施
取り直し工事を行う棟瓦
棟取り直し工事は今までの棟を解体し、新しく作り直す工事になります。既存の漆喰を全て解体・撤去後、綺麗に清掃して新しい漆喰で土台を作っていきます。土台となる漆喰にはシルガードを使用しました。シルガードは特殊なシリコンや防腐剤などを配合し、吸水率を低減していますので防水性に優れており、風化や溶出がしにくいので強度もあり耐久性にも優れています。
四街道市旭ヶ丘で実施した棟取り直し工事で既存の棟を解体撤去しました
四街道市旭ヶ丘で実施した棟取り直し工事で使用した漆喰は防水性や耐久性に優れたシルガードです
土台の漆喰を作りながら、下地材の樹脂製貫板のタフモックを設置します。タフモックは樹脂製なので雨水などの水分に強く腐食しにくいので耐久性に優れています。
四街道市旭ヶ丘でシルガードとタフモックを使用した棟取り直し工事が完了しました
漆喰で土台を作り、下地材のタフモックを仕込んだら既存の棟瓦を設置し、ステンレス製のSUSビスで固定していきます。SUSビスはステンレス製ですので錆に強く、ねじ込み式になりますので抜けにくいので固定する力を高めます。SUSビスで固定をしたら、棟瓦と棟瓦の継目を防水処理のためのコーキング材で処理を施したら棟取り直し工事が完了になります。雨漏りや瓦の落下の危険性もなくなり安心して生活できる事でしょう。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

八千代市八千代台南でガイドライン工法による棟取り直しで屋根を軽量化

太陽熱温水器ありの棟取り直し前の瓦屋根
棟取り直し後の瓦屋根
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
乾式面戸ハイロール,パッキン付きステンレスビス
築年数
築25年
建坪
保証
無し
工事費用
約32万円
施工事例

四街道市みそらでガイドライン工法による棟取り直しで瓦屋根を軽量化

棟の面戸の漆喰が劣化
乾式工法で取り直された棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
樹脂製芯木,ハイロール
築年数
築22年
建坪
保証
無し
工事費用
約45万円
施工事例

八街市吉倉で瓦屋根の棟取り直しと軒天カバー工法で屋根廻りを刷新

棟がずれた瓦屋根
棟取り直しでずれを解消した瓦屋根
工事内容
破風板・軒天部分補修
棟瓦取り直し
使用素材
軽量シルガード(棟取り直し)
ケイ酸カルシウム板(軒天)
ケンエースG-Ⅱ(軒天塗装)
築年数
築26年
建坪
保証
0年
工事費用
約30万円

同じ地域の施工事例

施工事例

四街道市みそらでガイドライン工法による棟取り直しで瓦屋根を軽量化

棟の面戸の漆喰が劣化
乾式工法で取り直された棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
樹脂製芯木,ハイロール
築年数
築22年
建坪
保証
無し
工事費用
約45万円
施工事例

四街道市物井で棟板金の釘の緩みをきっかけに樹脂製貫板を使用して棟板金交換

棟板金交換前のスレート屋根
棟板金交換竣工
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板製棟包(棟板金),樹脂製貫板
築年数
築16年
建坪
保証
工事費用
施工事例

四街道市池花で瓦屋根の部分的な葺き直しでラバーロックと雨漏り解消

ラバーロックされた瓦屋根
ラバーロックを解消し、部分的な葺き直し
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
築年数
28年
建坪
保証
工事費用