四街道市四街道で瓦屋根の土居のし瓦の外れ、漆喰(しっくい)取り直し工事で雨漏りの不安を解消します


四街道市四街道で行った瓦屋根の漆喰(しっくい)取り直し工事の様子をご紹介します。近所の方から「1階の屋根に瓦が落ちている。」と、言われ無料点検のお問い合わせをいただき、調査したところ壁際の「土居のし」という部分の瓦が外れている事が分かりました。土居のしは壁から伝ってくる雨水の浸入を防ぐ水切りの役割を果たしています。放置してしまうと雨水が浸入し雨漏りの原因になってしまうので漆喰取り直し工事を行なう事となりました。瓦は外れてしまうと、滑落する際に周囲の瓦に干渉するので割れてしまう場合もあるのですが、幸いにも割れている瓦はありませんでしたので外れてしまった瓦を再利用します。
四街道市四街道で土居のし瓦の外れ
既存の瓦を一度取り外し、葺き土などを解体します。解体後は、清掃し雨水の浸入を防ぐ防水紙を設置してから漆喰で成形していきます。漆喰は瓦と瓦を固定する接着剤の役割を果たす、「なんばん漆喰」を使用します。なんばん漆喰は耐水性にも優れ、葺き土を必要としませんので一発仕上げとなります。ですので、現在の漆喰工事では主流となっています。真っ直ぐに仕上げるよう目安となる水糸を張り成形していきます。
四街道市四街道で土居のし取り直し
四街道市四街道で土居のし瓦が外れたので漆喰取り直し
四街道市四街道土居のしコーキング処理
四街道市四街道土居のし漆喰取り直し面戸調整
土居のしの熨斗瓦を設置したら、コーキング材で固定します。固定する際は瓦が重なる部分などの隙間を隙間無くコーキング材で埋めてしまうと雨漏りの原因になってしまいます。土居のしも屋根同様に瓦が重なる部分は排水の為に隙間を設けています。内部に雨水が浸入しても防水紙が建物内部への浸入を防いでくれるので隙間から排水されるのです。ですから、隙間を完全に埋めてしまうと雨水の逃げ道が無くなり雨漏りが発生してしまいます。コーキング材の処理をし、最後に面戸部分の漆喰を平らに調整したら漆喰取り直し工事は完了になります。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

千葉市中央区蘇我で瓦屋根の鬼瓦の傾きや棟の歪みを確認、棟の崩壊や雨漏りに繋がるので棟取り直しで解消

棟取り直し前
棟取り直し後
工事内容
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
使用素材
シルガード(漆喰)
築年数
35年
建坪
保証
工事費用
26万円
施工事例

千葉市中央区大巌寺町にて棟の取り直し工事を行い瓦の落下や雨漏りの発生を防止

熨斗瓦の抜け
棟の取り直し工事完了
工事内容
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
使用素材
南蛮漆喰
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

千葉市中央区星久喜町にて火災保険で棟取り直し工事を実施、瓦の落下や雨漏りを回避

台風による棟の崩壊
棟取り直し工事完了
工事内容
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

四街道市みそらでガイドライン工法による棟取り直しで瓦屋根を軽量化

棟の面戸の漆喰が劣化
乾式工法で取り直された棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
樹脂製芯木,ハイロール
築年数
築22年
建坪
保証
無し
工事費用
約45万円
施工事例

四街道市物井で棟板金の釘の緩みをきっかけに樹脂製貫板を使用して棟板金交換

棟板金交換前のスレート屋根
棟板金交換竣工
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板製棟包(棟板金),樹脂製貫板
築年数
築16年
建坪
保証
工事費用
施工事例

四街道市池花で瓦屋根の部分的な葺き直しでラバーロックと雨漏り解消

ラバーロックされた瓦屋根
ラバーロックを解消し、部分的な葺き直し
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
築年数
28年
建坪
保証
工事費用