四街道市吉岡で脳天打ちで固定されている棟板金は雨漏りの原因になるのでメンテナンスが必要です


四街道市吉岡で行った築25年が経過したスレート屋根の調査の様子をご紹介します。「先日の強風で屋根の状態が心配だから点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。梯子を使い屋根に上がり調査を開始すると、棟板金が上部からの脳天打ちで固定されているのを発見しました。棟板金は主にスレート屋根の頂点部分に設置されており、屋根材では保護できない部分を覆っています。通常、棟板金は側面から下地材の貫板に釘やビスなどで固定します。棟板金と棟板金の継目は棟板金を加工し、コーキング処理を行うのですが脳天打ちのように上部から釘などで固定してしまうと雨水の浸入に繋がるのです。
四街道市吉岡で行ったスレート屋根調査で棟板金の脳天打ちを発見
四街道市吉岡でスレート屋根調査を行い雨漏りに繋がる脳天打ちを発見
四街道市吉岡で雨漏りの原因になる棟板金を上部から固定する脳天打ちを発見
上部から脳天打ちをした箇所に、いくらコーキング材で保護をしてもコーキング材が劣化してしまえば釘穴から雨水が浸入しますので防水紙の劣化を早めてしまい雨漏りの原因になります。現在、雨漏りは発生していないとの事ですが、このままですと雨漏りに繋がってしまいます。
屋根材のスレートは塗膜が剥がれており防水性が低下している為、苔や藻、カビが発生しています。割れや欠け等の不具合は見られませんが、苔がスレートとスレートの隙間を埋めているので、放置してしまうと排水不良を起こし、こちらも雨漏りの原因になってしまいます。
四街道市吉岡で行ったスレート屋根調査で苔がスレートとスレートの隙間を埋めているので排水不良を起こし雨漏りの発生に繋がります
四街道市吉岡で雨漏りの原因になる棟板金を上部から固定する脳天打ちを発見
防水性が低下したスレートは雨水を吸収しやすくなるので反りなどの不具合に繋がり雨漏りの危険性が更に高まります。お客様に確認したところ、防水紙のメンテナンスは行っていないという事なので築25年という事や棟板金の脳天打ちを考慮すると防水紙のメンテナンスを早期に行う事で雨漏りを未然に防げます。お客様には調査の報告をし、足場仮設と棟板金交換、防水紙のメンテナンスのタイミングで新しい屋根材にする屋根葺き替え工事屋根カバー工事でのメンテナンスをご提案しました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

千葉市中央区蘇我でトタン屋根を垂木から作り直して屋根葺き替え

強風被害を受けた金属屋根
ガルバリウムの波板に葺き替えられた屋根
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム製波板
築年数
50年以上
建坪
約15坪
保証
10年
工事費用
約115万円
施工事例

八千代市八千代台北で雨漏りしていた横葺き金属屋根を葺き替えて立平葺きへ

横葺き金属屋根
立平葺き金属屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
スタンビー455
築年数
築26年
建坪
88.0平方メートル(屋根)
保証
10年(屋根)
工事費用
施工事例

千葉市花見川区横戸町で小屋根と外壁の取り合いの改修と銅屋根葺き替えで雨漏り解消

屋根と外壁の取り合い改修前
屋根と外壁の取り合い改修後
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
軽量なんばん,銅板
築年数
不明(かなり長い)
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

四街道市みそらでガイドライン工法による棟取り直しで瓦屋根を軽量化

棟の面戸の漆喰が劣化
乾式工法で取り直された棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
樹脂製芯木,ハイロール
築年数
築22年
建坪
保証
無し
工事費用
約45万円
施工事例

四街道市物井で棟板金の釘の緩みをきっかけに樹脂製貫板を使用して棟板金交換

棟板金交換前のスレート屋根
棟板金交換竣工
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板製棟包(棟板金),樹脂製貫板
築年数
築16年
建坪
保証
工事費用
施工事例

四街道市池花で瓦屋根の部分的な葺き直しでラバーロックと雨漏り解消

ラバーロックされた瓦屋根
ラバーロックを解消し、部分的な葺き直し
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
築年数
28年
建坪
保証
工事費用