四街道市千代田で瓦屋根に雨漏り発生、原因は防水紙の穴開きと捲れでした


四街道市千代田で行った雨漏り調査の様子をご紹介します。「築30年の瓦屋根で強い雨の日にポタポタと天井から音がする。雨漏りしているか不安なので原因を確かめてほしい。」と、お問い合わせをいただきました。雨漏りは放置してしまうと、柱や梁など躯体の腐食の原因になってしまいますので早期対応が必要です。お客様にポタポタと音がするお部屋をご案内していただくと、2階の天井からだという事が分かりましたので、小屋裏を確認し、大屋根に上がります。
四街道市千代田で瓦屋根の調査
四街道市千代田で瓦屋根の棟ののし瓦にズレが見られます
大屋根に上がると棟の冠瓦やのし瓦がズレています。棟全体に歪みも見られますが面戸部分の漆喰の剥がれや葺き土の露出などの雨漏りに繋がる傷みは見られません。次に瓦を剥がし、防水紙を調査します。瓦屋根は瓦が一次防水で、瓦の下に敷設されている防水紙が二次防水の役割を果たしております。強風時に雨水が瓦の下に吹き込んできても防水紙が雨漏りを防いでくれているのです。雨天時にポタポタと音がするお部屋の上部の瓦を剥がすと、防水紙に穴開きや捲れを発見しました。周囲の瓦も剥がすと同じように傷んでいます。
四街道市千代田で雨漏りしている瓦屋根の防水紙に捲れが発生
四街道市千代田で雨漏りが発生している瓦屋根に防水紙の捲れ
四街道市千代田で防水紙に穴が開き雨漏りが発生
防水紙は吹き込んでくる雨水などの影響により防水性が低下し、穴開きや捲れが発生してしまいます。ですから、瓦が割れていたりしていなくても、防水紙が劣化している事が原因で雨漏りが発生してしまうのです。築30年で防水紙のメンテナンスは一度も行っていないという事でしたので、防水紙の寿命を迎えてしまいました。お客様には調査の報告をし、新しい防水紙を敷設してから新しい屋根材を設置する屋根葺き替えをご提案しました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

千葉市中央区蘇我でトタン屋根を垂木から作り直して屋根葺き替え

強風被害を受けた金属屋根
ガルバリウムの波板に葺き替えられた屋根
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム製波板
築年数
50年以上
建坪
約15坪
保証
10年
工事費用
約115万円
施工事例

八千代市八千代台北で雨漏りしていた横葺き金属屋根を葺き替えて立平葺きへ

横葺き金属屋根
立平葺き金属屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
スタンビー455
築年数
築26年
建坪
88.0平方メートル(屋根)
保証
10年(屋根)
工事費用
施工事例

千葉市花見川区横戸町で小屋根と外壁の取り合いの改修と銅屋根葺き替えで雨漏り解消

屋根と外壁の取り合い改修前
屋根と外壁の取り合い改修後
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
軽量なんばん,銅板
築年数
不明(かなり長い)
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

四街道市みそらでガイドライン工法による棟取り直しで瓦屋根を軽量化

棟の面戸の漆喰が劣化
乾式工法で取り直された棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
樹脂製芯木,ハイロール
築年数
築22年
建坪
保証
無し
工事費用
約45万円
施工事例

四街道市物井で棟板金の釘の緩みをきっかけに樹脂製貫板を使用して棟板金交換

棟板金交換前のスレート屋根
棟板金交換竣工
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板製棟包(棟板金),樹脂製貫板
築年数
築16年
建坪
保証
工事費用
施工事例

四街道市池花で瓦屋根の部分的な葺き直しでラバーロックと雨漏り解消

ラバーロックされた瓦屋根
ラバーロックを解消し、部分的な葺き直し
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
築年数
28年
建坪
保証
工事費用