四街道市内黒田で瓦屋根の隅棟の漆喰が剥がれていたのでなんばん漆喰と樹脂製貫板のタフモックを使用して棟取り直しを実施


四街道市内黒田で行った瓦屋根の隅棟の棟取り直し工事の様子をご紹介します。「瓦屋根の漆喰が剥がれているように見えるので点検をお願いします。」と、お問い合わせをいただき調査したところ、瓦のズレや隅棟の漆喰が剥がれているのを発見しました。このままですと棟が崩れたり雨漏りの原因になる事から隅棟の棟取り直し工事を行なう運びとなりました。
四街道市内黒田で瓦がズレているので落下の危険性や雨漏りの原因になります
四街道市内黒田で隅棟の漆喰が剥がれており雨漏りに繋がります
棟取り直し工事は既存の棟を解体・撤去し、新しく棟を作り直す工事になります。棟は丸瓦1段積みですので2段積み、3段積みなどの棟と比較すると時間も短く済みます。土台となっている漆喰を解体・撤去後には必ず清掃します。
四街道市内黒田で行った棟取り直し工事で丸瓦を解体します
四街道市内黒田で行った棟取り直しで既存の漆喰を解体します
清掃完了後、漆喰で土台を作っていきます。使用する漆喰は葺き土不要のなんばん漆喰を使用しました。吸水率の低減、防水性や耐久性に優れている漆喰です。なんばん漆喰で土台を形成したら、丸瓦を固定する為の下地材になる貫板を設置します。貫板は樹脂製貫板のタフモックを使用します。タフモックは木製の貫板と比較すると水分を吸収しにくく腐食に強いので耐久性が高まります。
四街道市内黒田で行った棟取り直し工事で樹脂製貫板のタフモックを使用
四街道市内黒田で行った棟取り直し工事はSUSビスで丸瓦を固定
四街道市内黒田で行った隅棟取り直し工事は耐久性の高い棟に仕上がりました
樹脂製貫板のタフモックを設置完了後、丸瓦をステンレス製のSUSビスで固定していきます。既存の棟は銅線で固定されていましたが、ステンレス製のSUSビスはねじ込み式になっているので固定する力が銅線と比較すると高いので棟の耐久性が高まります。樹脂製貫板のタフモックにSUSビスで固定した隅棟の棟取り直し工事は完了です。瓦の落下や雨漏りを未然に防げましたのでお客様の不安や心配を解消できました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

八千代市八千代台南でガイドライン工法による棟取り直しで屋根を軽量化

太陽熱温水器ありの棟取り直し前の瓦屋根
棟取り直し後の瓦屋根
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
乾式面戸ハイロール,パッキン付きステンレスビス
築年数
築25年
建坪
保証
無し
工事費用
約32万円
施工事例

四街道市みそらでガイドライン工法による棟取り直しで瓦屋根を軽量化

棟の面戸の漆喰が劣化
乾式工法で取り直された棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
樹脂製芯木,ハイロール
築年数
築22年
建坪
保証
無し
工事費用
約45万円
施工事例

八街市吉倉で瓦屋根の棟取り直しと軒天カバー工法で屋根廻りを刷新

棟がずれた瓦屋根
棟取り直しでずれを解消した瓦屋根
工事内容
破風板・軒天部分補修
棟瓦取り直し
使用素材
軽量シルガード(棟取り直し)
ケイ酸カルシウム板(軒天)
ケンエースG-Ⅱ(軒天塗装)
築年数
築26年
建坪
保証
0年
工事費用
約30万円

同じ地域の施工事例

施工事例

四街道市みそらでガイドライン工法による棟取り直しで瓦屋根を軽量化

棟の面戸の漆喰が劣化
乾式工法で取り直された棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
樹脂製芯木,ハイロール
築年数
築22年
建坪
保証
無し
工事費用
約45万円
施工事例

四街道市物井で棟板金の釘の緩みをきっかけに樹脂製貫板を使用して棟板金交換

棟板金交換前のスレート屋根
棟板金交換竣工
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板製棟包(棟板金),樹脂製貫板
築年数
築16年
建坪
保証
工事費用
施工事例

四街道市池花で瓦屋根の部分的な葺き直しでラバーロックと雨漏り解消

ラバーロックされた瓦屋根
ラバーロックを解消し、部分的な葺き直し
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
築年数
28年
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟瓦のズレがあり落下の危険

日本瓦の調査を実施致しました。瓦屋根のズレ確認

大棟との隙間が開いた下り棟

瓦というと一般的には粘土を成形して焼いたものと認識されていますが、セメントなどを成型して着色した瓦もございます。八千代市吉橋でそのセメント瓦の屋根を点検してきましたので、その様子をご紹介致します。セメント瓦は漆喰などのお手入れの他、塗装も必...........