四街道市もねの里で築20年が経過した化粧スレート屋根の雨漏り調査、屋根葺き替えか屋根カバー工法で解消します


四街道市もねの里で築20年が経過した化粧スレート屋根の調査の様子をご紹介します。「部屋の天井から雨漏りをしている。他の業者に頼んだが雨漏りが止まらないので困っています。」と、お問い合わせをいただきました。雨漏りが発生しているのは1階のお部屋です。天井材に染みが発生し、若干のたわみが出来ていますので、このままですと天井材が腐食してしまい落ちてきてしまいます。雨水の浸入経路を特定する為に小屋裏を確認すると躯体や天井材に染みが出来ているのを発見しました。雨水は屋根から浸入し、躯体を伝って天井材に落ちている事が分かりました。
四街道市もねの里で雨漏りが発生し天井材に染みや腐食
四街道市もねの里で雨水が屋根から浸入し躯体を伝い雨漏りが発生
四街道市もねの里で化粧スレート屋根の雨漏り調査
小屋裏の雨水浸入経路が判明しましたので屋根に上がると、化粧スレートをコーキングで処理している部分を発見しました。以前、他の業者に雨漏りを止めてもらおうと依頼した際に化粧スレートの割れを指摘され、コーキング材で割れ部分を処理したとの事ですが、根本的な解決策とは言えませんので現在でも雨漏りが止まらないのです。
四街道市もねの里で化粧スレートの割れ部分にコーキング処理をしたが雨漏りが止まらない化粧スレート屋根
四街道市もねの里で化粧スレート屋根の割れ部分から雨漏りが発生しお困りのお客様邸
屋根は屋根材が一次防水で雨水を流し、屋根材の下に敷設している防水紙が二次防水となり雨水の浸入を防いでいるのですが、防水紙に雨水が触れる頻度が多くなってしまうと防水紙の劣化が進行してしまいます。スレートとスレートが重なる部分は排水の為や湿気などの水分を逃がすための隙間が設けられていますので、強風の影響で雨水が吹き込んでしまう場合があります。雨水が吹き込んでも防水紙が浸入を防いでくれますが、防水紙にも耐用年数がありますので、いずれはメンテナンスを行わなければなりません。化粧スレートが割れた事により、割れた部分から雨水が浸入し、防水紙を劣化を早めた事も原因の一つに挙げられます。防水紙が傷んでしまうと穴開き等の不具合が発生し、雨水が屋根内部へと浸入してしまうので、躯体を伝い雨漏りが発生してしまうのです。ですから、スレートの割れを補修しても一時的な対応に過ぎず、防水紙の耐用年数を考慮せずに一時的な補修を行っても根本的な解決にはならないのです。防水紙の耐用年数は約20年と言われておりますので、築年数の20年を考慮すると防水紙を含めたメンテナンスが必要になります。雨漏りを止める最適なメンテナンスとしては屋根葺き替え屋根カバー工事が最適です。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

千葉市中央区蘇我でトタン屋根を垂木から作り直して屋根葺き替え

強風被害を受けた金属屋根
ガルバリウムの波板に葺き替えられた屋根
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム製波板
築年数
50年以上
建坪
約15坪
保証
10年
工事費用
約115万円
施工事例

八千代市八千代台北で雨漏りしていた横葺き金属屋根を葺き替えて立平葺きへ

横葺き金属屋根
立平葺き金属屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
スタンビー455
築年数
築26年
建坪
88.0平方メートル(屋根)
保証
10年(屋根)
工事費用
施工事例

千葉市花見川区横戸町で小屋根と外壁の取り合いの改修と銅屋根葺き替えで雨漏り解消

屋根と外壁の取り合い改修前
屋根と外壁の取り合い改修後
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
軽量なんばん,銅板
築年数
不明(かなり長い)
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

四街道市みそらでガイドライン工法による棟取り直しで瓦屋根を軽量化

棟の面戸の漆喰が劣化
乾式工法で取り直された棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
樹脂製芯木,ハイロール
築年数
築22年
建坪
保証
無し
工事費用
約45万円
施工事例

四街道市物井で棟板金の釘の緩みをきっかけに樹脂製貫板を使用して棟板金交換

棟板金交換前のスレート屋根
棟板金交換竣工
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板製棟包(棟板金),樹脂製貫板
築年数
築16年
建坪
保証
工事費用
施工事例

四街道市池花で瓦屋根の部分的な葺き直しでラバーロックと雨漏り解消

ラバーロックされた瓦屋根
ラバーロックを解消し、部分的な葺き直し
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
築年数
28年
建坪
保証
工事費用