四街道市にて屋根塗装後の雨漏り防止にはタスペーサー

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

四街道市にて化粧スレート屋根の屋根塗装を行なっております。本日は屋根塗装において重要なタスペーサーの設置を行いました。タスペーサーは縁切りを行う際に用いる建築資材になります。縁切りは一昔前までは塗装で隙間が少なくなってしまった化粧スレート同士をカッターで切っていくという作業をしていました。この作業は地道で時間が掛かる為、縁切り作業を行わない業者も存在し、「屋根を塗り替えたら雨漏りが発生した」というケースも少なくなかったのです。現在はタスペーサーが普及したおかげで部材を隙間に挿入するだけの作業になり、格段に作業効率も上がり、塗装後の雨漏り被害も減少しています。
P5210076_R
DSC_6384_R
縁切りは屋根と屋根の間に隙間を作る作業になりますが、「なぜ隙間を作らなければいけないのか?」、
「隙間が無い方が雨漏りしないのではないか?」と思っている方も多いと思います。屋根の構造は化粧スレートが一次防水で二次防水にルーフィングなどの防水シートが葺かれています。屋根は瓦や化粧スレートなどの屋根材が雨水の浸入を防いでいると思っている方もいらっしゃると思いますが、雨水の浸入を防いでいるのは実はルーフィング(防水紙)なのです。このルーフィングがある事により建物内部への浸入を防ぎ化粧スレートの隙間から雨水や結露などの水分を排出しているので雨漏りは発生しないのです。ですから、屋根塗装後に雨漏りの発生を防ぐには屋根内部で雨水が滞留しないようタスペーサーで隙間を作る事が重要になります。
20180521_180521_0005_R
20180521_180521_0006_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

8121e2be53747a70f3cc559f52978156

千葉市美浜区のお客様より「台風で屋根材が落ちてきたので点検してほしい」とお問い合わせをいただき、屋根調査を行いました。落ちてきた屋根材はお客様が回収しており見せていただくとニチハのパミールでした。パミールは専用の釘が錆びて劣化し、滑落する事...........