四街道市にて屋根塗装後の雨漏り防止にはタスペーサー


四街道市にて化粧スレート屋根の屋根塗装を行なっております。本日は屋根塗装において重要なタスペーサーの設置を行いました。タスペーサーは縁切りを行う際に用いる建築資材になります。縁切りは一昔前までは塗装で隙間が少なくなってしまった化粧スレート同士をカッターで切っていくという作業をしていました。この作業は地道で時間が掛かる為、縁切り作業を行わない業者も存在し、「屋根を塗り替えたら雨漏りが発生した」というケースも少なくなかったのです。現在はタスペーサーが普及したおかげで部材を隙間に挿入するだけの作業になり、格段に作業効率も上がり、塗装後の雨漏り被害も減少しています。
P5210076_R
DSC_6384_R
縁切りは屋根と屋根の間に隙間を作る作業になりますが、「なぜ隙間を作らなければいけないのか?」、
「隙間が無い方が雨漏りしないのではないか?」と思っている方も多いと思います。屋根の構造は化粧スレートが一次防水で二次防水にルーフィングなどの防水シートが葺かれています。屋根は瓦や化粧スレートなどの屋根材が雨水の浸入を防いでいると思っている方もいらっしゃると思いますが、雨水の浸入を防いでいるのは実はルーフィング(防水紙)なのです。このルーフィングがある事により建物内部への浸入を防ぎ化粧スレートの隙間から雨水や結露などの水分を排出しているので雨漏りは発生しないのです。ですから、屋根塗装後に雨漏りの発生を防ぐには屋根内部で雨水が滞留しないようタスペーサーで隙間を作る事が重要になります。
20180521_180521_0005_R
20180521_180521_0006_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

下端が崩れ始めているかわらU

佐倉市宮ノ台のお客様から軒天と屋根についてご相談を承りました。軒天は剥がれてきており、屋根は表面が剥がれてどんどん白くなってきているそうです。どんな屋根材が使われているのでしょうか。軒天などは古くなってくれば、剥がれてくるのは何となく理解で...........

トップコートが剥がれてしまった床面

「バルコニーの床の表面が激しく剥がれてきている。現在、雨漏りはしていないが、このままで大丈夫かどうか、直せるかどうかを見てもらいたい」と千葉市美浜区高浜のお客様からご相談を承りました。現在、築12年ということで、メンテナンス時期であることは...........