四街道市にて台風の強風で瓦が飛散、瓦屋根の葺き直し工事のご提案

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

瓦屋根の調査です

瓦屋根
瓦屋根
四街道市にお住いのお客様です。築30年ほどで、何度か瓦屋根の補修工事をされていました。高台の角地で台風被害を受けやすい立地もあったかもしれません。ご覧の通りケラバ部分の瓦が飛散してしまい、瓦が無くなっています。日本瓦は国内の粘土を使用した焼きものを日本瓦と呼びます。特徴として、スレート屋根と比べて非常に重いですが、耐久性があります。台風や地震で割れさえしなければ、50年以上は持つと言われています。しかも塗装工事の必要がありません。

防水紙の剥がれ

防水紙
こちらは下地の防水紙の状態です。黒い物が防水紙になります。完全に切れてしまっていて雨が降ると中に浸入してしまうので、雨漏りに直結します。下地の野地板も腐食してしまいますので早急に工事をおすすめ致しました。

全体の調査です

ズレ
漆喰
台風の影響で瓦のズレが数ヵ所発生していました。こちらも雨漏りの原因になりますので、注意が必要です。次に棟瓦廻りの漆喰調査です。ヒビ割れなどあり部分的に捲れていました。このまま放置されると棟瓦のズレが発生してしまいますし、落下の危険もでてきてしまいます。こちらの調査内容をお客様にご説明し、工事内容として、仮設足場、瓦屋根の葺き直し工事のご提案を致しました。やはり定期的に調査メンテナンスは必要です。

同じ地域の施工事例

施工事例

四街道市で台風の影響により捲れた、屋根飾り煙突の板金交換工事

DSC_6977_R
工事完了
工事内容
その他の工事
使用素材
築年数
25年以上
建坪
保証
0年
工事費用
施工事例

四街道市でスーパーガルテクトによる葺き替え工事とラジカル制御型塗料での屋根塗装実施

スレート屋根の葺き替え前
スーパーガルテクトの葺き替え完了
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根塗装
使用素材
大屋根:スーパーガルテクト(Sシェイドチャコール) 下屋:ファインパーフェクトベスト(ダークグレー)
築年数
築35年
建坪
保証
葺き替え10年 塗装10年
工事費用