四街道市にて強風でカタカタと音を立てる隅棟の瓦の調査

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

四街道市のお客様より「強風が吹くと瓦がカタカタと音を立てているので点検してほしい」とご相談をいただき、調査を行いました。早速、梯子を使い屋根に上がると降り棟と隅棟の瓦の接合部分が固定されておらず大きな隙間が空いています。漆喰やコーキング材などで固定されているのですが、経年により漆喰が剥がれ針金も切れてしまっています。隙間ができる事により、葺き土に雨水が浸透し、お家の中へ雨水が浸入してしまいます。また、瓦を固定する力も低下してしまいますので早期対応が必要です。
DSC_6560_R
DSC_6559_R
また、このままですと台風や強風の影響で瓦が外れ落下する危険性に繋がります。瓦が外れてしまうと、その周囲の瓦に干渉します。干渉し合う事で瓦が割れてしまう被害も少なくありません。そして、割れた瓦が落下する事で下屋の瓦を割ったり、人身事故などの2次被害に繋がります。雨漏りにも繋がり、雨漏りが発生してから瓦の外れや割れなどに気が付くことも多いのが今回のようなケースです。ですからお客様には被害が発生する前に棟瓦を固定し、落下や割れ、雨水の浸入を防ぐ工事をご提案しました。
DSC_6564_R
DSC_6563_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

275364c889657019dd9c3acb3a5c601c

八千代市で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は瓦です。「強風により瓦が割れたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。屋根に上がるとケラバ瓦が割れています。ケラバ部分は釘などで固定されているのですが、割れてしまい落下し...........