四街道市にて台風被害で瓦が飛散、周囲の瓦を割って被害拡大


四街道市のお客様より「台風の影響で屋根の瓦が落ちた。屋根の状態が心配なので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただき瓦屋根の調査を行いました。落ちてきた瓦はお客様が回収されたそうです。ご案内していただくと被害に遭った枚数が多い事が伺えます。早速、梯子を使い屋根に上がると大棟部分の瓦が飛散し、屋根の上に瓦が落ちているのを発見しました。雪止めに引っ掛かり止まっている状態ですので、落下する危険性があります。大棟は崩れてはいませんが漆喰が剥がれていますので崩壊し棟瓦も落下する危険があります。
daf5c83c312b5f242fcdbac7bc25ed55
78ad81545f8259f2837ce89b4d36abc3
調査を続けると、反対の面に大棟部分の平瓦が飛散した事が原因で瓦が多く割れていました。台風の影響は凄まじく飛散した瓦が周囲の瓦を割るという二次災害が発生しています。このままですと、割れた瓦の破片が落下し、怪我をしたりと大変危険です。また、瓦が割れてしまった部分は防水紙が露出しており雨漏りに繋がりますので早期対応が必要です。
78b6b526b6fc227fa7dc2437ee6a1a43
24db20ba546a31fa40bb92b968dce6cb
お客様には、調査のご報告をし大棟の取り直し工事と瓦交換工事をご提案しました。
屋根調査・屋根工事のご相談は街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積は無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_5505

「周りに緑が多く、屋根の瓦の下などに毎年のように巣を作られてしまうので何とかしてほしい」と八千代市保品のお客様からご相談を承りました。詳しくお話を聞きますと、瓦と軒の間を塞いでいる面戸が壊れてしまって鳥の侵入を許すようになってしまったそうで...........