四街道市で錆びに不安を感じた金属製バルコニーを点検

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

錆びたバルコニー
四街道市にお住まいのお客様から「金属製のバルコニーが錆びてきて、使用するのに不安がある。点検してメンテナンスが可能かどうかも調べてほしい」とご相談を承りました。錆が出始めてからはほとんど使用されていないそうです。

見た通り、金属製のバルコニーで下に支柱があるタイプではなく、庇のように建物の躯体に取り付けられているタイプのものでした。
P5270266
錆で崩れた縁
落下防止の手摺りの部分の錆があり、このままでは布団などを干すことは不可能でしょう。これだけでもかなり不便だと思います。床面の縁の一部分は完全に錆で崩れており、これでは使用をためらうのも無理はありません。バルコニーの上に立っている限りではきしんだり、揺れたりすることはないので問題は今のとこは問題はなさそうなのですが…
腐食した下の部分
バルコニーの床の裏
手摺りの支柱の下端の部分が錆で崩れています。床の裏面は錆びているものの、外壁との接合部にクラックはありませんから、それなりにしっかり固定されているようです。しばらくは使用に耐えられるでしょうが、手摺りなどに体重をかけたときに接合部が取れてしまうということも考えられます、角型の鉄パイプは中が空洞のため、内部から錆が拡がっていることも考えられます。

室外に出るための窓が設けられているので、バルコニーを完全に撤去してしまうのも危険です。現実的には手摺りや床面の脱落する可能性がある部分を撤去し、バルコニーの基礎となっているI字鋼の上にバルコニーを作り直すしかないでしょう。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

8121e2be53747a70f3cc559f52978156

千葉市美浜区のお客様より「台風で屋根材が落ちてきたので点検してほしい」とお問い合わせをいただき、屋根調査を行いました。落ちてきた屋根材はお客様が回収しており見せていただくとニチハのパミールでした。パミールは専用の釘が錆びて劣化し、滑落する事...........

0c17f06061f424b4af7be4f3b97d22de

千葉市若葉区のお客様より「台風24号の強風でコロニアルが飛んで庭に落ちていたので、屋根を点検してほしい」とお問い合わせをいただき、屋根調査を行いました。お客様に築年数をお伺いしたところ築12年との事です。お客様に被害に遭った部分にご案内して...........