四街道市で軒天井の劣化をケイカル板にて補修


PA060004-columns1
四街道市にお住まいのお客様は、軒天が剥がれ出してきてしまいました。以前、メンテナンスとして外壁塗装をなさったとのことでしたが、軒天化粧ベニヤが劣化して塗料もろとも剥がれ出してきてしまったそうです。
当時は軒天化粧ベニヤが現在の様に劣化していなかったとの事で塗装のみだそうでしたが、ベニヤの劣化で表面塗料が、どんどん剥がれ出してきてしまっていました。
PA060007-columns2
補修工事として今回は水分に強いケイカル板にて補修いたします。ケイカル板にて既存の軒天に貼り付ける方法を取ります。既存ベニヤを剥がしてしまうと下地が少なく軒天下地を組み直さなくてはいけなくなり、剥がした産業廃棄物処分費もかさんで行きますので、カバー工法をした方が早く安くできます。
PA060010-columns2
軒天は重力に逆らい取り付けているため、止めてある釘やビスが錆びて劣化すれば、下に落ちようとします。防止とするとボンドで止めます。ボンドもウレタン系でなければ、振動や風圧により常にいごくものですので、柔軟性のあるものでしかボンドの役割の意味が無くなります。
PA080041-columns2
PA080039-columns2
軒天井には不燃材で水分に強いケイカル板を貼りましたが、強い資材と言いましても、雨水が掛かれば良い状態とは言えなくなってきます。そこで表面保護として、塗料を塗装いたします。今回使用した塗料は日本ペイントのケンエース(白)を塗装いたしました。台風などや強い風に伴う豪雨ですと、風にあおられた雨水が思っているよりも掛かっています。そんな時のために塗装は欠かせない物となります。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

下端が崩れ始めているかわらU

佐倉市宮ノ台のお客様から軒天と屋根についてご相談を承りました。軒天は剥がれてきており、屋根は表面が剥がれてどんどん白くなってきているそうです。どんな屋根材が使われているのでしょうか。軒天などは古くなってくれば、剥がれてくるのは何となく理解で...........

トップコートが剥がれてしまった床面

「バルコニーの床の表面が激しく剥がれてきている。現在、雨漏りはしていないが、このままで大丈夫かどうか、直せるかどうかを見てもらいたい」と千葉市美浜区高浜のお客様からご相談を承りました。現在、築12年ということで、メンテナンス時期であることは...........