四街道市で漆喰(しっくい)の劣化を棟取り直しにて解消、雨漏りも心配無用に


四街道市の瓦屋根のお客様邸にて棟の漆喰が経年により剥がれなどの劣化症状を起こしていたので棟の崩壊や雨漏りの発生を未然に防ぐ為に棟漆喰取り直し工事を行なっています。屋根の頂点部分は山状になっていますが、その頂点部分を棟と呼びます。瓦と瓦が接合する部分はどうしても隙間ができてしまうので、その隙間を埋めると共に瓦同士を固定しているのが漆喰になります。漆喰は屋根の上にあるので風雨や紫外線などに日々晒されているので経年によりどうしても劣化してしまいます。劣化が進行すると瓦がズレてしまったり、ズレる事により瓦同士が干渉し割れや欠け等の不具合が発生しそこから雨水が浸入し雨漏りの原因に繋がってしまいます。また、漆喰が傷み固定する力が低下すると台風などの強風や突風、地震の揺れで崩れてしまう事に繋がりますので定期的に確認するよう心掛けてください。
P2230041_R
DSC_5692_R
棟取り直し工事は既存の棟を一度解体し、既存の葺き土や漆喰などを撤去して新しい棟を作ります。使用する漆喰はなんばん漆喰は従来の漆喰と比較すると軽量骨材を使用していますので以前の漆喰と比較すると軽量になります。特殊なシリコンを配合しており吸水率も低減されていますので防水性能も高くなります。築年数が経過しているお家の棟は葺き土と漆喰で棟を造っていましたが、なんばん漆喰は一発仕上げになりますので葺き土がいりません。専用のコテなどでしっかり土台を作り、その上に熨斗瓦を積んでいきます。漆喰を多く使用すれば棟の固定も安定し雨水が浸入し難いだろうと思われる方もいらっしゃると思いますが、熨斗瓦から熨斗瓦からはみ出てしまうと、雨水に当たりやすくなり漆喰の傷みの進行が早くなってしまいますので熨斗瓦の内側になるように土台を形成していきます。熨斗瓦、冠瓦を積み、最初に仕込んでおいた針金で固定し完了になります。
P2230104_R
P2230048_R
経年により傷んでいた漆喰を新しくしましたので崩壊や雨漏りの心配をせずに快適に生活していただけます。
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

同じ地域の施工事例

施工事例

四街道市で台風の影響により捲れた飾り煙突の板金交換工事

四街道市 煙突板金交換工事
四街道市 煙突板金工事後
工事内容
その他の工事
使用素材
築年数
25年以上
建坪
保証
0年
工事費用
施工事例

四街道市でスーパーガルテクトによる葺き替え工事とラジカル制御型塗料での屋根塗装実施

スレート屋根の葺き替え前
スーパーガルテクトの葺き替え完了
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根塗装
使用素材
大屋根:スーパーガルテクト(Sシェイドチャコール) 下屋:ファインパーフェクトベスト(ダークグレー)
築年数
築35年
建坪
保証
葺き替え10年 塗装10年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

20180131_180201_0012_R

屋根瓦の棟の漆喰が経年の劣化により剥がれてしまい、雨漏りの心配をしていた千葉市花見川区のお客様邸で棟取り直し工事を行っております。幸いにも現在雨漏りなどの被害は発生していませんが最近雨天が続いていますので油断は禁物です。棟の熨斗瓦などは既存...........

P5150043_R

千葉市中央区のお客様より「屋根の漆喰が傷んで割れている部分があるので点検してほしい」とご相談をいただき、瓦屋根の漆喰調査を行いました。漆喰は古くから建物の内装や外装に幅広く使用されている建材です。瓦屋根の棟部分にも使用されております。漆喰が...........

DSC_6226_R

千葉市若葉区のお客様より「屋根の漆喰に穴が開いているので点検してほしい」とご相談をいただき、瓦屋根の漆喰調査を行いました。漆喰は雨水の浸入を防ぐ役割や棟瓦と屋根瓦を固定する接着剤の役割があります。穴が開いているというのはどのような状態なのか...........