四街道市で棟瓦飛散!棟板金への交換と金属屋根材を使った屋根カバー工法をご提案

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

棟瓦の調査

棟瓦
棟瓦
まず、屋根に登り棟瓦の状態を調査いたしました。屋根のてっぺんに付いている丸い瓦の事です。屋根と屋根の間に隙間が空いてしまうので、そこに被せているものです。以前、棟板金が付いていたんですが、当時の強風で飛散してしまい棟瓦に交換工事をされたそうです。瓦一枚の重さは5キロ前後です。棟瓦が飛散なので、かなりの強風なのがわかります。

下地の調査

棟
釘
棟瓦の下地にヌキ板(杉の板)が入っています。分り難いですが、ヌキ板を手で触るとボロボロ崩れてしまいました。雨水が原因で劣化していました。棟瓦は釘で固定されているんですが、こちらは完全に抜けています。原因としてヌキ板の経年劣化で釘が効かない状態でした。このまま放置されると、雨漏れの原因になりますし、いつ棟瓦が飛散してもおかしくない状態です。

スレート屋根の調査

スレート屋根
スレート屋根の調査をいたしました。大屋根の数ヵ所にヒビ割れがありました。こちらのスレート屋根は、アスベストが含有されている屋根材で非常に丈夫です。ですが、撥水が切れてしまうと苔カビが発生してヒビ割れの症状なのが出てきます。アスベスト含有物は撤去に費用が高いので、お客様には金属カバー工事、棟瓦は撤去して新しく金属性の棟板金交換工事をご提案いたしました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

千葉市稲毛区でニチハのパミール(砂岩調)をアイジー工業のスーパーガルテクトで屋根カバー工事

cd11cf5ee46579c762e1484c882b0ab4
76e924344a7541338da433ee7bf51eed
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
屋根カバー
アイジー工業
スーパーガルテクト
色:シェイドチャコール
築年数
築12年
建坪
保証
10年
工事費用
117万円
施工事例

雨漏り修理、屋根カバー工事|千葉市緑区

千葉市緑区 屋根カバー工事前
千葉市緑区 屋根カバー工事後
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
横暖ルーフS(ガルバリウム鋼鈑)
築年数
築40年
建坪
保証
10年
工事費用