四街道市で台風により棟板金が飛散、原因は釘の浮きでした


棟板金の調査

棟板金
棟板金
四街道市にお住いのお客様です。築14年で2年前に屋根塗装工事をされていました。家の事は分からないので、業者さんに全てお任せされたそうです。棟板金は金属製の板で1本、1800ミリもあります。人や物に当たると大変危険です。屋根と屋根の間にあるもので雨の浸入などから防ぎます。下地の貫板に釘やビスでしっかり固定されていれば、まず飛散するような事はありません。

貫板の調査

貫下地
貫板の調査をいたしました。貫板は杉の板ですので、どうしても水を吸ってしまい、経年劣化し腐食してしまいます。こちらの貫板はまだまだ強度もあり、しっかり屋根に固定されていました。貫板のあいだに防水紙見えている状態ですので、このまま放置してしまうといずれ雨が浸入し雨漏れをしてしまいますし、貫板も腐食してしまいます。

釘の調査

釘
穴
釘の調査です。全体的に釘が抜けてきている状態でした。以前、屋根塗装工事をされた際に釘の打ち付け工事をされていませんでした。打ち付けた後に塗装すれば釘の頭だけ塗装されているはずですが、釘の半分まで塗装されていました。棟板金の釘が浮いてしまっていることが原因で飛散しています。棟板金の新規交換工事、釘の打ち付け工事のご提案をいたしました。定期的な点検は大切です。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

千葉市稲毛区宮野木町にて強風被害、剥がれた棟板金の交換を機に屋根塗装

b-33
棟板金交換と屋根塗装後の屋根
工事内容
棟板金交換
屋根塗装
使用素材
ファインパーフェクトベスト
築年数
15 年
建坪
約28坪
保証
屋根塗装8年
工事費用
約45万円
施工事例

千葉市緑区あすみが丘にて強風で飛散した棟板金を交換

棟板金が飛散し、養生中
棟板金交換後
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム製棟包
築年数
築14年
建坪
保証
0年
工事費用
20万円
施工事例

八街市文違で強風被害を受けた化粧スレートの方形屋根の棟板金交換

棟板金交換前のスレート尾根
棟板金交換後のスレート屋根
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム製棟包
築年数
築14年
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

四街道市みそらでガイドライン工法による棟取り直しで瓦屋根を軽量化

棟の面戸の漆喰が劣化
乾式工法で取り直された棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
樹脂製芯木,ハイロール
築年数
築22年
建坪
保証
無し
工事費用
約45万円
施工事例

四街道市物井で棟板金の釘の緩みをきっかけに樹脂製貫板を使用して棟板金交換

棟板金交換前のスレート屋根
棟板金交換竣工
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板製棟包(棟板金),樹脂製貫板
築年数
築16年
建坪
保証
工事費用
施工事例

四街道市池花で瓦屋根の部分的な葺き直しでラバーロックと雨漏り解消

ラバーロックされた瓦屋根
ラバーロックを解消し、部分的な葺き直し
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
築年数
28年
建坪
保証
工事費用