四街道市で屋根葺き替え、屋根の中で定期的に交換が必要なのが棟板金です

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

IMG_1416-columns2
四街道市のお客様は雨漏れを解消するため、屋根葺き替えを致しました。本日は屋根資材の中でも被害や不具合が生じやすい棟板金の設置方法をご紹介いたします。
IMG_1413-columns2
千葉県は比較的風の強い県になっております。風に強いスレート屋根などに設置されている棟板金ですが、劣化すると強風などで飛ばされることが多くなります。

棟板金は屋根の頂上や四隅に取り付ける資材ですが、固定する下地は木製がほとんどで、年数が経つと劣化していきます。
P9200033-columns1
棟板金を固定する下地はスレート屋根でしたら通常、厚みが15ミリほどの杉板を使用しています。今回の立平屋根は重ねの部分に突起物があるため、15ミリの厚みでは板金部分が止めることが出来ないので、屋根突起部分よりも厚みがある40ミリの板を使用しています。木材は薄くスライスされた木材より、少しでも厚みがある木材の方が劣化しにくくなっています。棟板金で飛ばされにくくするには、下地が劣化しにくい物を使用することです。棟板金が飛散する原因は板金部分が悪いのではなくほとんどが下地の劣化です。
P9200039-simple
棟板金を普段から気にされている方は少なく、被害が出て初めてその存在に気が付いてもらえる屋根資材です。屋根の資材の中では一番劣化しやすく、いつも気に掛けていなければいけない資材です。飛んで行ってしまい近隣の物を破損させてしまっても保険対象外であることがほとんどで、屋根も修理しなくてはいけないし、隣の物を弁償しなければいけなかったりでかなりの出費となります。被害が出てから「メンテナンスをしとけば良かった」などと後悔しないように、事前にメンテナンスを心がけることが重要です。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

四街道市でスーパーガルテクトによる葺き替え工事とラジカル制御型塗料での屋根塗装実施

スレート屋根の葺き替え前
スーパーガルテクトの葺き替え完了
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根塗装
使用素材
大屋根:スーパーガルテクト(Sシェイドチャコール) 下屋:ファインパーフェクトベスト(ダークグレー)
築年数
築35年
建坪
保証
葺き替え10年 塗装10年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

27342cfd15f96d8dc40b5476c9747e3a

千葉市花見川区で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は化粧スレートです。「屋根のメンテナンスを考えているので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。梯子で屋根に上がると、軒先に苔が発生しているのを発見しました。軒先は下から...........