四街道市で棟板金が台風の強風で飛散、原因は固定していた釘の緩みでした

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

PA090027-columns2
四街道市のお客様は先日の台風により、屋根に取り付けてあった棟板金が飛散して行方不明になってしまいました。中古物件を購入したとのことで、築年数は数十年経っており、住みだしてからも十数年経っていますが、今まで屋根の上のことは考えたことがなかったそうです。
PA090033-columns2
風の通り道だったのか、今回の台風で屋根資材が、大きく破損していました。板金部分が下地を残し飛散している状態でした。突然不運は襲い掛かって参ります。
PA090039-columns2
PA090038-columns2
同じ商品ですが、風向きにより飛散している部分としていない部分があります。屋根には傾斜が付いているので、風の向きにより風の当たり方が違います。地域により大風が吹く向きも違い、今回の台風では風向きがルートによりどんどん変わりました。台風の東側は風が強いので注意が必要です。
PA090052-columns1
今回のお客様は下地の大きな劣化は少なかったのですが、年数が経つと木材なので釘で止めてある場合は振動などで釘が抜けてきます。ほとんどが木材が初めに劣化して釘が向けやすくなるのですが、四街道のお客様の住宅は、風当たりが強く棟板金の振動が釘を抜き板金が飛散してしまいました。いかに強く風が常に多く当たっていたかが解ります。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

千葉市稲毛区屋根調査漆喰

千葉市稲毛区で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は瓦です。「2階の窓から1階の屋根を見たら、棟の瓦がズレているのを見つけたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。お客様に該当箇所をご案内していただき梯子を使い屋根に上...........