四街道市で棟板金が台風の強風で飛散、原因は固定していた釘の緩みでした


PA090027-columns2
四街道市のお客様は先日の台風により、屋根に取り付けてあった棟板金が飛散して行方不明になってしまいました。中古物件を購入したとのことで、築年数は数十年経っており、住みだしてからも十数年経っていますが、今まで屋根の上のことは考えたことがなかったそうです。
PA090033-columns2
風の通り道だったのか、今回の台風で屋根資材が、大きく破損していました。板金部分が下地を残し飛散している状態でした。突然不運は襲い掛かって参ります。
PA090039-columns2
PA090038-columns2
同じ商品ですが、風向きにより飛散している部分としていない部分があります。屋根には傾斜が付いているので、風の向きにより風の当たり方が違います。地域により大風が吹く向きも違い、今回の台風では風向きがルートによりどんどん変わりました。台風の東側は風が強いので注意が必要です。
PA090052-columns1
今回のお客様は下地の大きな劣化は少なかったのですが、年数が経つと木材なので釘で止めてある場合は振動などで釘が抜けてきます。ほとんどが木材が初めに劣化して釘が向けやすくなるのですが、四街道のお客様の住宅は、風当たりが強く棟板金の振動が釘を抜き板金が飛散してしまいました。いかに強く風が常に多く当たっていたかが解ります。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

下端が崩れ始めているかわらU

佐倉市宮ノ台のお客様から軒天と屋根についてご相談を承りました。軒天は剥がれてきており、屋根は表面が剥がれてどんどん白くなってきているそうです。どんな屋根材が使われているのでしょうか。軒天などは古くなってくれば、剥がれてくるのは何となく理解で...........

トップコートが剥がれてしまった床面

「バルコニーの床の表面が激しく剥がれてきている。現在、雨漏りはしていないが、このままで大丈夫かどうか、直せるかどうかを見てもらいたい」と千葉市美浜区高浜のお客様からご相談を承りました。現在、築12年ということで、メンテナンス時期であることは...........