四街道市で屋根調査、屋根塗装と棟板金交換が必要な状態です


四街道市で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は化粧スレートです。「屋根が色褪せてきたので、屋根塗装を検討している」とお問い合わせをいただきました。屋根材の化粧スレートは塗装で保護されており、経年により塗膜が剥がれてしまいます。化粧スレートを手で触ると粉状になった塗膜が付着するチョーキング現象が発生しています。チョーキング現象は塗り替えのサインになりますので、塗装メンテナンスが必要です。外壁など普段から手で触れる部分でしたら、定期的に塗膜の状態を確認できますが、屋根の上は高所になり普段から手で触れる場所ではないので、下から見上げて色褪せなどを定期的に確認する事を推奨します。
チョーキング現象
屋根塗装劣化
屋根塗装は剥がれてしまうと防水性が低下し、化粧スレートが雨水を吸収しやすくなりますので定期的に塗り替えが必要になります。化粧スレートは雨水を吸収すると膨張し、乾燥すると収縮する動きをするので負荷が掛かります。塗装メンテナンスを行わず放置してしまうと、膨張と収縮を繰り返し行った化粧スレートは負荷に耐えられなくなり割れや欠け、反りなどの不具合が発生し、耐久性の低下に繋がります。ですから、屋根の寿命を延ばすためには定期的に塗り替える必要があるのです。
屋根塗装の剥がれ
防水性の低下
棟板金の釘浮き
調査を続けると、棟板金を留めている釘の浮きを発見しました。棟板金は風の影響や地震などの揺れの影響を受けやすく、留めている釘が浮いてしまうと固定する力が低下し、飛散に繋がります。釘の浮きが多く見られたり、棟板金が歪んでいる場合は、屋根塗装を行う際に棟板金交換のメンテナンスを行う事を推奨します。屋根のメンテナンスをしっかり行う事で、不安や心配が解消されますので、お客様には屋根塗装と棟板金交換のご提案をしました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

千葉市中央区大森町にてスレート屋根から雨漏りする前に屋根塗装、棟板金交換工事で解消

スレート屋根工事前調査
屋根塗装、棟板金交換工事完了
工事内容
棟板金交換
屋根塗装
足場
使用素材
日本ペイントサーモアイSI
築年数
35年
建坪
109㎡
保証
10年
工事費用
80万円 仮設足場費用含む
施工事例

千葉市稲毛区宮野木町にて強風被害、剥がれた棟板金の交換を機に屋根塗装

b-33
棟板金交換と屋根塗装後の屋根
工事内容
棟板金交換
屋根塗装
足場
使用素材
ファインパーフェクトベスト
築年数
15 年
建坪
約28坪
保証
屋根塗装8年
工事費用
約45万円
施工事例

千葉市緑区あすみが丘にて強風で飛散した棟板金を交換

棟板金が飛散し、養生中
棟板金交換後
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム製棟包
築年数
築14年
建坪
保証
0年
工事費用
20万円

同じ地域の施工事例

施工事例

四街道市みそらでガイドライン工法による棟取り直しで瓦屋根を軽量化

棟の面戸の漆喰が劣化
乾式工法で取り直された棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
樹脂製芯木,ハイロール
築年数
築22年
建坪
保証
無し
工事費用
約45万円
施工事例

四街道市物井で棟板金の釘の緩みをきっかけに樹脂製貫板を使用して棟板金交換

棟板金交換前のスレート屋根
棟板金交換竣工
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板製棟包(棟板金),樹脂製貫板
築年数
築16年
建坪
保証
工事費用
施工事例

四街道市池花で瓦屋根の部分的な葺き直しでラバーロックと雨漏り解消

ラバーロックされた瓦屋根
ラバーロックを解消し、部分的な葺き直し
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
築年数
28年
建坪
保証
工事費用