四街道市で太陽熱温水器のある屋根の葺き直し工事


本日は四街道市で行った屋根葺き直し工事の様子をご紹介いたします。屋根葺き直し工事とは、既存の屋根材を一旦外して下地などを交換した後、同じ屋根材を使って葺く工法です。
今の屋根には太陽熱温水器が設置されていることもあり、屋根全部を葺き直すのではなく悪くなっている箇所だけの部分的な葺き直しを実施いたします。

既存の屋根材(瓦)を外して防水紙を設置する

P8088356
写真が太陽熱温水器になりますが、今回工事を行うのは棟を挟んで反対側の屋根になります。
屋根葺き直し工事ではまず棟の解体から行い、そこから瓦を外していきます。
1e96305f16717cdfb616b459b7311be1
瓦を外した後、清掃を行ってから防水紙を取り付けます。使用したのはアスファルトルーフィングのPカラーEX+です。Pカラーは他にもシリーズがありますが、今回使用したものはそのなかでも最上位のシリーズになり、防水性能はもちろんですが耐久性も高い防水紙です。

棟には南蛮漆喰のシルガードを使用

9d4fb4bb3a4d4867b0633da80b815a6b
設置した防水紙の上から瓦を葺いていきます。屋根葺き直しでは同じ瓦を使うため、破損させると最悪足りないという事態にもなりかねません。ですので、外した瓦は整理し、屋根からも滑り落ちないように安定したところに置いて作業を行います。
5a1ba5f060bd1559e2d77b4a961dbd48
続いて棟を作っていきます。棟は今までは中に粘土質の土が使われていましたが、新しい棟にはシルガードという南蛮漆喰を使っています。

屋根葺き直し工事には行える条件がある

5a937ea44a8a745c749903e05ce4b80c
最終的に清掃を行って屋根葺き直し工事は完了となります。
屋根葺き直しは今までと同じ景観が保持できることや、新しい屋根材が必要なく廃材も少ないことから費用も抑えることができるといった利点があります。しかし、葺き直し工事は屋根材自体が再度利用できる場合でないと施工ができません。一般的には瓦以外では葺き直しは行わないなど色々な条件がありますので、屋根葺き直しをお考えの方は一度専門業者に見てもらうことをお勧めします。
街の屋根やさんでは点検や工事を行う場合の費用(お見積書)の作成も無料となっておりますのでお気軽にご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

PB110313_R-1

習志野市のお客様より「2週間ぐらい前から雨漏りしているので困っている。どこから雨水が浸入しているか調査してほしい。」とご相談をいただき、瓦屋根の雨漏り調査を行いました。雨漏りが発生している箇所は1階のトイレの天井になります。発生箇所を確認し...........

DSC_0675_R

「以前から考えていたのですが、そろそろ屋根のメンテナンスをしたいと思っています。ですが、どのようなメンテナンスをして良いのか分からないので一度見に来てほしい」と、ご相談をいただいた船橋市のお客様邸で化粧スレート屋根の調査を行いました。化粧ス...........

DSC_6170_R

千葉市緑区のお客様より「2階の窓から1階の屋根を見たら瓦にひび割れがあるので点検してほしい」とご相談いただき、瓦屋根の調査を行いました。瓦はセメント瓦です。セメント瓦は陶器瓦と比較すると初期費用が安価で、30年~40年前普及した瓦です。モル...........