四街道市で台風により棟瓦がズレてしまい、棟瓦の取り直し工事


PA190017-columns2
四街道市にお住まいのお客様より、台風の影響で棟瓦が倒れてしまい崩壊寸前とのご連絡がありました。屋根土が流れ出し漆喰は剥がれ保護するものが無くなり、大至急復旧工事が必要です。
IMG_2345-columns2
お客様の屋根に設置してあるものは、セメント瓦でした、セメント瓦は正直言いますと現在は生産されていない為、代用品はありません。貴重品となるので釘を抜くのにも、ベテランな職人でも慎重になります。
IMG_2402-columns1
今回の棟下地にはタフモック下地(ポリスチレンにゴムを添加・発砲した樹脂貫板)を使用いたしました。貫下地は木質と違い軽量かつ腐りません。よって耐候年数が全く違い長年に渡り棟の維持に貢献できます。
屋根土にもシルガードと言いなんばん漆喰を使用しています。シルガードは防水性に優れているので、雨水に強く屋根土とは違い雨水と共に流れ出す事はありません。
IMG_2392-columns2
IMG_2423-columns2
セメント瓦は現在瓦屋さんが材工で保管してない限り生産されていないので、手に入れる事が不可能ですので、破損していなかったので今回は不幸中の幸いでした、破損していなければ、元に戻すことが出来ますし、基本的には塗装のメンテナンスを定期的におやりになっていれば、50年は持つと言われていますので、元々丈夫な事は確かです。
しかし重量は重く劣化が進むと割れや隙間から雨漏れが生じるので、いずれにしろメンテナンスはしっかりと、定期的におやりになっていた方が良いことは確かです。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

千葉市中央区大巌寺町にて棟の取り直し工事を行い瓦の落下や雨漏りの発生を防止

熨斗瓦の抜け
棟の取り直し工事完了
工事内容
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
使用素材
南蛮漆喰
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

千葉市中央区星久喜町にて火災保険で棟取り直し工事を実施、瓦の落下や雨漏りを回避

台風による棟の崩壊
棟取り直し工事完了
工事内容
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

千葉市花見川区検見川町にて火災保険を利用し棟の取り直しと葺き直し工事で台風被害を改善

屋根調査
屋根補修工事
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
漆喰詰め直し
火災保険
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

千葉市稲毛区宮野木町で雨漏り調査は棟取り直しが必要

千葉市稲毛区宮野木町で行った瓦屋根の雨漏り調査の様子をご紹介します。2階のお部屋で雨漏りが発生し、天井に染みが出来てしまっています。小屋裏を確認したところ、棟部分から雨水が伝った跡がありましたので、梯子を使い屋根に上がり点検を開始致します。...........

ズレ

瓦が一枚浮いているとの事でしたので、調査いたしました

千葉市中央区星久喜町で棟取り直し完了

千葉市中央区星久喜町で行った瓦屋根の棟取り直し工事の様子をご紹介します。強風の影響で棟が崩れてしまい雨漏りや瓦の落下などの原因に繋がりますので棟取り直し工事を行なう運びとなりました。棟は屋根の頂上部分のことで、こちらに設置されているのし瓦や...........