台風で一番多いのが棟板金の被害、四街道市で強風により棟板金が飛散

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

PA020080-columns2
四街道市にお住まいのお客様は、今回の台風により屋根の棟板金が剥がれ落ちそうになっていました、幸いかろうじて飛散することは、免れましたが、風が吹くたびにバタバタと音が鳴り、近隣にご迷惑ではないかと心配になっていました。
PA020060-columns2
現地調査では屋根に上がり現状を把握するために確認いたします。剥がれている状態では貫下地の劣化が、原因でしょう。
PA020062-columns2
棟板金は下地の劣化で飛散します、板金部分は鉄製やガルバニウム鋼板などで作られていますので、そう簡単には劣化し飛散することはありません
PA020065-columns2
畝板金の最もの弱点は下地にあり、飛散しているほとんどの貫下地は木製によるものです、板金により直射日光の紫外線や、雨が直接当たる部分にはなっていませんので、通常の木製よりは対応年数があるからとはいへ、約8年から10年程で飛散する確率は格段に上がります。
PA020075-columns1

棟板金は屋根の頂上に取り付ける資材です。棟板金が取れたりしてしまうと頂上から雨水が侵入し瓦の下を流れてしまう事になります。当然瓦の下には防水紙が貼られていまして、そくざに雨漏れには繋ぎにくいのですが、屋根下地や瓦を止めるのには釘などで防水紙を貫通しています。防水紙には無数に穴が開いています。
そこへ雨水が侵入すると雨漏れの確率が上がりますので、極力侵入することはあまり良くない事です。
いずれにしろ大至急修理した方が間違いはありません。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

習志野市で強風により剥がれた軒天化粧ベニヤを張替!タフモックで棟板金の下地も補強

軒天の剥がれ点検
軒天張替工事
工事内容
破風板・軒天部分補修
棟板金交換
使用素材
軒天用化粧ベニヤ 樹脂製貫板タフモック
築年数
築40年以上
建坪
保証
工事費用
施工事例

強風により飛散した棟板金の交換工事|千葉市若葉区

DSC_4121_R-1
P1060049_R
工事内容
棟板金交換
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

8db39fdf4bb7aab9006da24afb31fdd6

「棟板金が飛んでしまったので見に来てほしい。」と、お問い合わせをいただいた千葉市稲毛区の化粧スレート屋根を調査しました。千葉県各地で台風24号による被害が出ており千葉市稲毛区も例外ではありません。お客様に飛散した箇所をご案内していただき屋根...........