四街道市で台風により棟板金が飛散してしまい、雨漏れが心配のお客様


PA010102-columns2
四街道市にお住まいのお客様は、先日の台風により棟板金が飛散してしまいました。屋根の上はご自身で確認が取れなく、近隣の方が教えて頂き、築いたそうです。
PA010076-columns2
台風は、勢力が強かったのは解ったが、まさか自分の家が被害を受けるとは、思いもよらなかったそうです。屋根には上がることが出来ず。どの様な状態になっているかは、調査写真を見て初めて解ったそうです。
PA010108-columns2
棟板金は板金自体が劣化し飛散することは少なく。下地にあたる貫下地の劣化で釘が抜けたり、貫下地ごと屋根から離脱する事が多く、一番の原因は貫下地の経年劣化です。
PA010085-columns2
今回の被害では強風により下地が耐えられなく板金事飛散してしまっていました、釘で止められていましたので、現在穴が開いた状態です。この様な状態は雨漏れの原因になりかねなく、雨漏れの危険が伴います。
PA010106-columns1
お客様は火災保険にご加入しておられていましたので、火災保険を使用し棟板金を修理予定です。火災保険では破損した場所の修理のみになります。火災保険では破損個所のみ修理金額が支払う事を前提に査定されてしまいます。
破損場所を修理する事は大切ですが、住宅を建ててから破損していない棟板金も今現在同じ条件ですので、いつまた破損するか解らないので、修理をする時に全ての棟板金を工事した方が安心です。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

船橋市旭町にて樹脂製貫板を使用した棟板金交換工事を実施

棟板金飛散
棟板金交換
工事内容
棟板金交換
使用素材
プラスチック樹脂製貫板タフモック
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

八千代市上高野にて火災保険を利用して災害復旧(棟板金交換)工事を実施

棟板金飛散
棟板金交換工事
工事内容
棟板金交換
火災保険
使用素材
GL鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

千葉市花見川区検見川町にて強風で捲れてしまった棟板金を交換工事で改善

棟板金の剥がれ
棟板金交換工事完了
工事内容
棟板金交換
使用素材
樹脂製貫板、GL鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟板金のサビ、穴あき

春一番で被害が出る前に調査、メンテナンスをご希望のお客様です

棟板金の浮き調査

台風被害で棟板金が浮いてしまったお客様です。火災保険で修繕ご希望でした