四街道市でスレート屋根の雨漏れを金属屋根材による屋根カバー工法で解消

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

P8210090-columns2
四街道市にお住まいのお客様は、室内に雨漏れが生じてから長いこと、放置していたとの事でした。雨漏れを止める業者が何度も修理して、修理した時は雨漏れが止まるが、直ぐに再発してしまう状態のまま、月日が流れてしまったそうです。
IMG_1422-columns2
お客様のお住まいは、屋根の勾配が2寸勾配と比較的ゆるい勾配になっていました。勾配が急であれば雨水が屋根表面を勢い良く流れるため、比較的雨漏れしにくいのですが、ゆるい勾配の屋根ですと流れが遅く屋根に停滞することになり、雨漏れが生じやすくなっています。
IMG_1420-simple
屋根の資材の中には、色々な商品がありますが、屋根勾配に適した屋根資材を設置しなくては、雨漏れの要因を作ってしまいます。
今回の屋根勾配ですと、緩やかな勾配にも適用できる立平屋根を設置いたしました、立平屋根は棟(頂上)から軒先(最下部)まで一枚の屋根資材で補っていますので隙間が無く雨漏れがしにくい、商品になっています。
before1
IMG_20180821_131819-before
既存の屋根資材はスレート屋根資材でしたので、ゆるい勾配傾斜の屋根には適していません。劣化が後押しし雨漏を誘発してしまっていました。修理業者が何度も補修しても屋根資材が元々適していないので、無駄な工事でした。
horizontal
after1
IMG_1409-after
音階使用した屋根次第はセキノ興の立平ロック32型を設置いたしました。屋根勾配に適した屋根資材ので、この先雨漏れでお悩みになる事はなくなるでしょう。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

千葉市稲毛区でニチハのパミール(砂岩調)をアイジー工業のスーパーガルテクトで屋根カバー工事

cd11cf5ee46579c762e1484c882b0ab4
76e924344a7541338da433ee7bf51eed
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
屋根カバー
アイジー工業
スーパーガルテクト
色:シェイドチャコール
築年数
築12年
建坪
保証
10年
工事費用
117万円
施工事例

雨漏り修理、屋根カバー工事|千葉市緑区

千葉市緑区 屋根カバー工事前
千葉市緑区 屋根カバー工事後
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
横暖ルーフS(ガルバリウム鋼鈑)
築年数
築40年
建坪
保証
10年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

8121e2be53747a70f3cc559f52978156

千葉市美浜区のお客様より「台風で屋根材が落ちてきたので点検してほしい」とお問い合わせをいただき、屋根調査を行いました。落ちてきた屋根材はお客様が回収しており見せていただくとニチハのパミールでした。パミールは専用の釘が錆びて劣化し、滑落する事...........

a2a4bf0aee38b7422ea96e1a989b376f

船橋市のお客様より「台風の風で屋根の部材が落ちてきたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただき。屋根調査を行いました。棟板金など屋根の部材は飛散すると、ご近隣の建物に被害を与えるほか、人身事故などの二次災害に繋がる危険性があります。