台風の被害を受ける前に屋根の点検を|千葉市若葉区

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

6月に入り、台風が発生する時期になってきました。本日、瓦屋根の調査を行ったお客様も「台風に備えて屋根の点検をしておきたい」とお考えでした。台風による影響で瓦の飛散や漆喰の劣化による雨漏りなどの被害が予想されますので事前に屋根の状態を確認しておくと良いでしょぅ。屋根に上がり調査を開始すると漆喰にひび割れが発生しているのを発見しました。漆喰は瓦と瓦を固定する接着剤のような役割や、雨水が建物内部へ浸入するのを防ぐ重要な役割を担っています。棟部分は特に屋根上で風の影響を受けるので漆喰にひび割れや剥がれなどの不具合が発生すると雨漏りの原因になります。
DSC_0687_R
DSC_0697_R
調査を続けると、棟を固定している釘の浮きを発見しました。通常、手で触っても動かないのですが漆喰の劣化と釘の浮きにより固定する力が低下しているのでガタガタと動いてしまいます。台風などの強風の影響により飛散する危険性があります。また、棟と棟の瓦の継目のコーキング材が劣化しており隙間が出来てしまっています。この隙間から雨水が浸入し、漆喰に浸透する事で劣化に繋がっています。このままですと雨漏りが発生してしまいますので、お客様に調査のご報告をし既存の漆喰を撤去し新規の漆喰での棟取り直し工事をご提案しました。
DSC_0726_R-1
DSC_0730_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

275364c889657019dd9c3acb3a5c601c

八千代市で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は瓦です。「強風により瓦が割れたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。屋根に上がるとケラバ瓦が割れています。ケラバ部分は釘などで固定されているのですが、割れてしまい落下し...........