反りなどで歪んでいる棟板金|船橋市


船橋市のお客様より「下から2階の屋根を見上げたら、屋根の板金が浮いているのが気になるので点検してほしい」とご相談をいただき、屋根調査を行いました。お客様邸に到着し、板金が浮いている部分にご案内していただくと、浮いていたのは棟板金だという事が分かりました。強風が吹いた日にパタパタと音がするので、外へ出て確認したところ発見したという事です。棟は屋根の山状になっている部分を指し、屋根材では防水処理が施せないので板金で覆っています。屋根材と屋根材が合わさる棟の部分を包んでいるような形状になっている事から「棟包み」とも呼ばれています。梯子を使い屋根に上がり確認すると、お客様が発見した部分以外にも棟板金の反りや浮きを発見しました。
P1200019_R
P1200030_R
棟板金の内部には板金を固定する為の下地材として貫板が設置されています。新築時には木製の貫板を使用しており、躯体などに固定されているわけではなく、屋根材に固定されています。ですから、棟板金は木製の貫板に釘で固定しているものが殆どになります。経年の劣化と共に木材は腐食などの劣化症状を起こしますので、風や地震などの揺れで徐々に釘が抜けてきてしまいます。それと共に棟板金を固定する力が弱くなってきますので、強風に煽られ反りや浮きが生じ、飛散へと繋がります。飛散してご近所の建物を破損させてしまったり、人身事故に繋がりますので定期的に棟板金の状態は把握しておいて下さい。屋根材の下に葺かれているルーフィングの状態にもよりますが飛散すると後々雨漏りに繋がりますので、お客様と相談し棟板金交換を行う事になりました。
P1200037_R
P1200042_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟瓦固定の鉄釘

棟瓦の調査を致しました。釘浮き、漆喰が劣化されています

千葉市稲毛区黒砂で棟板金の反り

千葉市稲毛区黒砂で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は化粧スレートです。「下から屋根を見上げたら棟板金が反っているように見える。屋根の塗装の劣化も気になるので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。築28年で約9年前に屋...........

千葉市美浜区高浜で屋根塗装の劣化

千葉市美浜区高浜で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は化粧スレートです。「屋根が色褪せてきたので塗り替えた方が良いか点検してほしい」とお問い合わせをいただきました。屋根材の化粧スレートは塗装で保護されていますが、太陽光や紫外線、風雨...........