反ったスレートは屋根塗装では直せません|船橋市

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

「以前から考えていたのですが、そろそろ屋根のメンテナンスをしたいと思っています。ですが、どのようなメンテナンスをして良いのか分からないので一度見に来てほしい」と、ご相談をいただいた船橋市のお客様邸で化粧スレート屋根の調査を行いました。化粧スレートは一般住宅の屋根で最も多く使用されている屋根材です。以前塗装をされてから20年以上は経過しているという事で、経年の劣化により塗装は剥がれ防水性を失っている為、苔やカビが発生しています。原因としては化粧スレートが雨水などの水分を含む含水状態になっているのが挙げられます。特に不具合が見当たらなければ高圧洗浄で丁寧に汚れや苔やカビを落とし屋根塗装で化粧スレートを保護することによって防水性や耐久性の保持に繋がります。
DSC_0677_R
P4290156_R
しかし、防水性が失われているに等しい化粧スレートは雨水などの水分や太陽光などの影響により膨張と収縮を繰り返して指先が入るほどの反りが発生しています。反りは塗装では修復不可能ですので真っ直ぐには直せません。また、台風などの横殴りの雨が降った際には反った隙間から雨水が浸入してしまうので雨漏りが発生する原因になるのです。現在、雨漏りは発生していませんがルーフィングも経年により穴開きや捲れなどの劣化が考えら板金にも反りが見られますので、お客様には既存の化粧スレートの上に新しい屋根材を被せる屋根カバー工事をご提案しました。
DSC_0675_R
DSC_0668_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。