厚型スレートの不自然なひび割れと屋根からの落下|千葉市緑区

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

「屋根に何か飛来物があり、その影響で瓦が落下してきた」と千葉市緑区のお客様からご相談をいただきました。詳しいお話を聞くと、落ちてきたの瓦数枚で、そのうち1枚はちょうどご自宅の駐車場、コンクリートの部分に落ちてきて無残に砕けてしまったそうです。点検にお伺いすると、落ちてきた位置が分かりやすいようにとそのままにされていました。このままだとまた瓦が落ちてくるかもしれませんし、車を駐車できない状態です。
屋根から落下してきた厚型スレート
砕け散った瓦
落下していたのは厚型スレートでした。コンクリート瓦とも呼ばれるもので、文字通り主原料にコンクリートが使われています。天然のスレートを模して成型してあり、なかなか素敵なデザインです。兎にも角にも、落下してきたのがご自宅の庭と駐車場で人的被害がなかったのは何よりです。
崩れた胸
屋根にのぼってみたところ、棟の一部が崩れていました。その土台となっている漆喰もかなり剥がれてなくなっており、葺き土が見えている状態です。このままにしておくと、次の強風でも瓦が落下してきておかしくない状態です。コンクリート瓦の塗膜も剥がれだしているので、塗装をしておいた方がいいでしょう。
割れた瓦
原因不明のひび
不思議なことに何箇所が補修された瓦が見つかりました。これまでに外壁塗装は行ったが、屋根のメンテナンスは行っていないそうです。お家も新築で購入したそうです。おそらくですが、地デジに移行する際、アンテナを交換した業者が割ってしまったのを補修したのではないでしょうか。それよりも奇妙なのが棟瓦の複数のひび割れです。瓦を固定するための釘穴や銅線を通す穴からひび割れが生じてくるのは分かるのですが、それ以外のところからもひび割れて来ています。風による振動の影響でしょうか。非常に珍しいケースです。こちらも対処しなければなりません。

いずれにせよ、棟の取り直しが必要な状態なので、再調査の際に棟瓦を取り外しして裏側を確認し、今後の使用に耐えられるかどうかを確認した上で最善の方法をご提案いたします。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

四街道市でスーパーガルテクトによる葺き替え工事とラジカル制御型塗料での屋根塗装実施

スレート屋根の葺き替え前
スーパーガルテクトの葺き替え完了
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根塗装
使用素材
大屋根:スーパーガルテクト(Sシェイドチャコール) 下屋:ファインパーフェクトベスト(ダークグレー)
築年数
築35年
建坪
保証
葺き替え10年 塗装10年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

千葉市緑区で軽量シルガードを使用し棟瓦取り直し・漆喰(しっくい)詰め直し工事

千葉市緑区 棟取り直し工事前
千葉市緑区 棟取り直し工事後
工事内容
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
軽量シルガード
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
施工事例

雨漏り修理、屋根カバー工事|千葉市緑区

千葉市緑区 屋根カバー工事前
千葉市緑区 屋根カバー工事後
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
横暖ルーフS(ガルバリウム鋼鈑)
築年数
築40年
建坪
保証
10年
工事費用