千葉県千葉市緑区土気町で雨水が原因で傷み始めた軒天を点検


「屋根の裏の部分の色が変わってきたので点検してほしい」と千葉市緑区土気町のお客様からご相談を承りました。屋根の裏というと軒天と呼ばれているところだと予想できます。軒天はその位置から直接、雨に当たるわけではないので、それほど気にかけていない方も多いのですが、実は傷みやすい部分なのです。
軒天の破風側の変色
変色した屋根の裏というのは破風の部分の軒天でした。本を伏せたような形状の三角屋根を切妻と言います。その勾配が付いている屋根の側面を破風と呼びます。その破風に沿うように軒天が白く変色しています。
軒天のサイズを計測
破風の継ぎ目の段差
風が強い地域では破風を濡らした雨水が風に煽られて軒天まで伝わり、変色してしまうということも多いのです。もちろん、こうしたことが起こらないように破風の下端を軒天より下の位置に設けて、軒天の面をそれより高い位置に設けるという構造になっています。こちらの軒天もそのようになっているのですが、破風の継ぎ目に段差があり、ここで雨水が堰き止められ、軒天の方に流れてくるようです。
端の部分も雨水で変色
反対側の軒天
破風の下端の軒天にも変色が発生していました。逆側の軒天の下端も膨らんでいます。今回の場合は破風に問題があるので、軒天だけを直しても同じことが繰り返されます。破風と軒天、両方の補修が必要です。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_5505

「周りに緑が多く、屋根の瓦の下などに毎年のように巣を作られてしまうので何とかしてほしい」と八千代市保品のお客様からご相談を承りました。詳しくお話を聞きますと、瓦と軒の間を塞いでいる面戸が壊れてしまって鳥の侵入を許すようになってしまったそうで...........