千葉市若葉区にて瓦屋根の葺き直し工事

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

千葉市若葉区にて瓦屋根の葺き直し工事を行いました。屋根葺き直しとは、今まで使っていた屋根材を再度利用して行う葺き替え工事です。
屋根を新しくする上で、屋根材が劣化してダメになってしまったことや野地板などの下地が腐食してしまったなどの理由がありますが、屋根材自体はまだ十分使えるが下地に問題があるといった場合には葺き直しをすることで費用を抑えることができます。

瓦を外して下地を交換します

20160621_9217
屋根葺き直し工事では瓦を再利用するため、外した瓦は割らないように丁寧に整理しておきます。また、屋根の上から滑り落ちないよう安定した箇所に固めて置いておきます。
20160612-1_193
瓦を外してみると、木部の腐食がかなり進んでいることが分かります。また、屋根材の下に設置された防水紙も傷んでしまい防水効果も失われてしまった状態です。

垂木を補強し野地板は新しくします

20160621_5265
野地板の下にある垂木も経年で弱くなってきているので、新しい木材を使って補強しておきます。せっかく屋根を葺き直しても下地に問題があれば長持ちしませんので、工事の前にしっかり調査を行い必要な工事を行うことが必要です。
20160621_5665
新しい野地板を設置し、さらにその上から防水紙を取り付けます。雨水は風の影響などで回り込むため、屋根材だけでは完全に防ぐことは厳しいです。そのために防水紙を設置しておき屋根材だけでは防げなかった水分をシャットアウトします。

屋根葺き直しのメリットと注意点

20160621_7494
防水紙の上から屋根材を設置します。他にも棟の部分などの漆喰の工事、雨樋交換も一緒に行っております。
一般的に屋根材の交換は屋根葺き替えになりますが、屋根葺き直しをすることによるメリットとして

・工事の費用が葺き替えよりも安くなる
・同じタイプの屋根材が廃盤になっている
・部分的な工事に対応しやすい

などが挙げられます。
しかし、屋根葺き直しを行う上で、屋根材に傷みがある場合などで行えない場合もありますので注意が必要です。(屋根葺き直しの工程について、更に詳しく知りたい方はこちら
街の屋根やさんでは工事の前に現地を調査し、工事が可能であるか判断いたします。その場合の点検や工事のお見積りは無料となっておりますので、気になる方はお気軽にご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

275364c889657019dd9c3acb3a5c601c

八千代市で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は瓦です。「強風により瓦が割れたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。屋根に上がるとケラバ瓦が割れています。ケラバ部分は釘などで固定されているのですが、割れてしまい落下し...........