千葉市若葉区での風害、棟板金が剥がれてしまい雨漏りに繋がる可能性も

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

千葉市若葉区のお客様より「屋根の板金が剥がれているので点検してほしい」とご相談をいただき、棟板金の調査を行いました。棟は屋根の頂上部分のことで、そこに設置されている板金なので棟板金と呼びます。棟板金は主に化粧スレート屋根に設置されておりお家の最も高い場所にあります。屋根の頂上部分(大棟)、四隅(隅棟)にある為、風の影響を受けやすく台風などの強風や突風の風害に遭いやすく剥がれたり飛散してしまうと雨漏りに繋がります。屋根の上は確認しにくい場所ですから剥がれてしまったり、飛散してしまっても気が付かないことも多く、雨漏りが発生してから気が付くケースも少なくはありません。定期的に下から見上げて確認するよう心掛けてください。
DSC_3439_R
DSC_3435_R-1
棟板金の剥がれや飛散の原因の多くが下地材の貫板の劣化です。新築時には木製の貫板が使用されており、屋根に貫板を釘で留めてから貫板に棟板金を釘で留めています。貫板は木製なので腐食しやすく、経年により劣化してくると剥がれや飛散などの不具合が発生してしまうのです。劣化の流れとしては釘が浮いてくると固定する力が弱くなり棟板金自体が浮いてきます。そうなると風の影響を受けやすい状態になってしまうのでパタパタと音を立てて風に煽られてしまいます。そして、風に煽られている状態が続いてしまうと飛散してしまうのです。飛散してしまうと屋根材を傷めてしまったり、人身事故に繋がる危険性があります。また、飛散してしまう事により屋根材の下に葺かれているルーフィングが露出してしまいます。ルーフィングは雨水の浸入を防ぐ防水シートですので太陽の紫外線や雨水の影響を受けてしまうと穴が開いたり捲れたりするなどの不具合に繋がり雨漏りが発生してしまいます。
DSC_3433_R-2
DSC_3442_R
雨漏りが発生する前に早期対応が必要になりますのでお客様には腐食の心配のない樹脂製の貫板を使用し、耐久性の高いガルバリウム鋼板の棟板金をSUSビス(ステンレス製ビス)で留める棟板金交換工事のご提案をしました。
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

8121e2be53747a70f3cc559f52978156

千葉市美浜区のお客様より「台風で屋根材が落ちてきたので点検してほしい」とお問い合わせをいただき、屋根調査を行いました。落ちてきた屋根材はお客様が回収しており見せていただくとニチハのパミールでした。パミールは専用の釘が錆びて劣化し、滑落する事...........

0c17f06061f424b4af7be4f3b97d22de

千葉市若葉区のお客様より「台風24号の強風でコロニアルが飛んで庭に落ちていたので、屋根を点検してほしい」とお問い合わせをいただき、屋根調査を行いました。お客様に築年数をお伺いしたところ築12年との事です。お客様に被害に遭った部分にご案内して...........