千葉市若葉区での風害、棟板金が剥がれてしまい雨漏りに繋がる可能性も


千葉市若葉区のお客様より「屋根の板金が剥がれているので点検してほしい」とご相談をいただき、棟板金の調査を行いました。棟は屋根の頂上部分のことで、そこに設置されている板金なので棟板金と呼びます。棟板金は主に化粧スレート屋根に設置されておりお家の最も高い場所にあります。屋根の頂上部分(大棟)、四隅(隅棟)にある為、風の影響を受けやすく台風などの強風や突風の風害に遭いやすく剥がれたり飛散してしまうと雨漏りに繋がります。屋根の上は確認しにくい場所ですから剥がれてしまったり、飛散してしまっても気が付かないことも多く、雨漏りが発生してから気が付くケースも少なくはありません。定期的に下から見上げて確認するよう心掛けてください。
DSC_3439_R
DSC_3435_R-1
棟板金の剥がれや飛散の原因の多くが下地材の貫板の劣化です。新築時には木製の貫板が使用されており、屋根に貫板を釘で留めてから貫板に棟板金を釘で留めています。貫板は木製なので腐食しやすく、経年により劣化してくると剥がれや飛散などの不具合が発生してしまうのです。劣化の流れとしては釘が浮いてくると固定する力が弱くなり棟板金自体が浮いてきます。そうなると風の影響を受けやすい状態になってしまうのでパタパタと音を立てて風に煽られてしまいます。そして、風に煽られている状態が続いてしまうと飛散してしまうのです。飛散してしまうと屋根材を傷めてしまったり、人身事故に繋がる危険性があります。また、飛散してしまう事により屋根材の下に葺かれているルーフィングが露出してしまいます。ルーフィングは雨水の浸入を防ぐ防水シートですので太陽の紫外線や雨水の影響を受けてしまうと穴が開いたり捲れたりするなどの不具合に繋がり雨漏りが発生してしまいます。
DSC_3433_R-2
DSC_3442_R
雨漏りが発生する前に早期対応が必要になりますのでお客様には腐食の心配のない樹脂製の貫板を使用し、耐久性の高いガルバリウム鋼板の棟板金をSUSビス(ステンレス製ビス)で留める棟板金交換工事のご提案をしました。
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

下端が崩れ始めているかわらU

佐倉市宮ノ台のお客様から軒天と屋根についてご相談を承りました。軒天は剥がれてきており、屋根は表面が剥がれてどんどん白くなってきているそうです。どんな屋根材が使われているのでしょうか。軒天などは古くなってくれば、剥がれてくるのは何となく理解で...........

トップコートが剥がれてしまった床面

「バルコニーの床の表面が激しく剥がれてきている。現在、雨漏りはしていないが、このままで大丈夫かどうか、直せるかどうかを見てもらいたい」と千葉市美浜区高浜のお客様からご相談を承りました。現在、築12年ということで、メンテナンス時期であることは...........