千葉市若葉区で台風により雨樋が破損、雨が降るたびに雨水が垂れてしまいお困りのお客様


PB220156-columns2
惑いの破損は高い場所にあるので、気が付きにくい破損です。
IMG_2649-columns2
壁も壊れていますが、屋根に上がらないと気が付きにくい破損です。
千葉県若葉区にお住まいのお客様は、台風の影響で雨樋が破損していたそうですが、初めは気が付かなかったそうです。現在大型台風から日がだいぶ経ってはいますが、全然気が付かなかったそうで、雨が降り今まで雨だれが無い場所に、雨水が滴っていることで、雨樋の破損を見つけることが出来たそうです。一つ気が付くと他が気になり、よく見てみた所色々な場所で破損していることが分かったそうです。
PB220152-columns2
PB220224-columns2
強風でも風向きで破損個所も、東西南北で被害状況が明らかに違いました。今回の台風では風が強すぎて割れている場所もあれば、捩じれてしまっている場所もありました。捩じれているだけですとなかなか見た目だけでは、確認が取れなく解らないままになりがちです。屋根に上がってみると雨樋の根切れにより雨水の排水が、うまく行かず雨樋内に雨水が滞留していました。屋根に上がり確認しない限り解らないものです。修理しなければオバーブローの恐れが出てきます。
PB220213-columns1
客様の住宅では、日本家屋の入母屋の立派な住宅ですので、雨樋も通常な雨樋とは違い反り上がっており形状が異なります。収集桝も特殊な物を設置していましたので、簡単に修理することは困難を極めます。雨樋工事では、必ず仮設足場を設置しなければ、施工することが出来ないので仮設足場の工事代金が伴ってしまうので、お値段も高騰してしまいます。
雨樋を補修しなければ雨水が地面に直接落ちるので、地面に穴絵御開けてしまったり、外壁に雨水が吹き込んで素材の劣化を誘発するなど、あとあと被害が拡大してから後悔する事が多くあります。破損しても早急に大きな被害と言う事が、感じ取れない所に盲点がありますので、古くなったり、破損してしまった場所を発見したのであれば、なるべく早く直す事が、他に被害を拡張することを防ぐ事となります。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

千葉市美浜区稲毛海岸にて雨樋交換工事で勾配不良による漏水を改善

雨樋の歪み
雨樋交換工事完了
工事内容
雨樋交換
使用素材
Σ90(新茶)
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

千葉市若葉区桜木で破損したコロニアル屋根を補修、屋根と付帯部の塗り替えとシーリング増し打ちを行いました

屋根塗装前のスレート屋根
屋根塗装後のスレート
工事内容
屋根塗装
部分塗装
その他塗装
使用素材
ファインシリコンベスト
築年数
29年
建坪
保証
屋根塗装10年 付帯部塗装3年
工事費用
施工事例

千葉市若葉区中田町にて台風被害、飛散した棟板金とその他を全交換

棟板金が飛散した屋根
棟板金交換後の屋根
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築18年
建坪
保証
工事費用
施工事例

強風により飛散した棟板金の交換工事|千葉市若葉区

DSC_4121_R-1
P1060049_R
工事内容
棟板金交換
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用