千葉市花見川区朝日ヶ丘で漆喰の剥がれ、棟取り直し工事を行ないました


千葉市花見川区朝日ヶ丘で行った棟取り直し工事の様子をご紹介します。「2階の窓から1階の屋根に漆喰のようなものが落ちているので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただき調査を行ったところ、漆喰が剥がれており葺き土が露出していたので、放置してしまうと棟の崩壊や雨漏りの原因になってしまう為、棟取り直し工事を行なう運びとなりました。
千葉市花見川区朝日ヶ丘で棟の漆喰の剥がれ
千葉市花見川区朝日ヶ丘で棟の取合いの漆喰に剥がれ
既存の棟を解体します。冠瓦やのし瓦は再利用できますので、整頓しておきます。棟の瓦を外すと経年により劣化した葺き土が見えてきました。葺き土は瓦の隙間から侵入した雨水などの影響で経年により固定する力が低下しておりますので、既存の物は全て撤去します。撤去が完了しましたら、清掃を行います。清掃完了後、棟を真っ直ぐする為の目安になる水糸を張り
、棟の土台となる漆喰を設置していきます。
千葉市花見川区朝日ヶ丘で棟取り直し工事、既存の葺き土を撤去します
千葉市花見川区朝日ヶ丘で棟を真っ直ぐする為の目安となる水糸を張ります
千葉市花見川区朝日ヶ丘で棟取り直し工事
使用する漆喰は近年の漆喰工事に多く用いられている軽量シルガードを使用します。特殊なシリコン・防腐剤を配合し、吸水率を低減しており、軽量骨材なので比重を大幅に低減されております。また、葺き土が不要な一発仕上げですので耐久性や防水性に優れています。瓦と瓦を固定し、接着剤のような役割を果たしている漆喰を丁寧に成形し、のし瓦や冠瓦を積んだら棟取り直し工事は完了になります。漆喰が剥がれていた部分も棟を取り直したことにより雨漏りの心配も無くなりました。これで、安心して生活できる事でしょう。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

八千代市八千代台南でガイドライン工法による棟取り直しで屋根を軽量化

太陽熱温水器ありの棟取り直し前の瓦屋根
棟取り直し後の瓦屋根
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
乾式面戸ハイロール,パッキン付きステンレスビス
築年数
築25年
建坪
保証
無し
工事費用
約32万円
施工事例

四街道市みそらでガイドライン工法による棟取り直しで瓦屋根を軽量化

棟の面戸の漆喰が劣化
乾式工法で取り直された棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
樹脂製芯木,ハイロール
築年数
築22年
建坪
保証
無し
工事費用
約45万円
施工事例

八街市吉倉で瓦屋根の棟取り直しと軒天カバー工法で屋根廻りを刷新

棟がずれた瓦屋根
棟取り直しでずれを解消した瓦屋根
工事内容
破風板・軒天部分補修
棟瓦取り直し
使用素材
軽量シルガード(棟取り直し)
ケイ酸カルシウム板(軒天)
ケンエースG-Ⅱ(軒天塗装)
築年数
築26年
建坪
保証
0年
工事費用
約30万円

同じ地域の施工事例

施工事例

千葉市花見川区朝日ヶ丘で棟瓦取り直しで歪みがでてきた棟を真っ直ぐに!

棟取り直し前の瓦屋根
棟取り直し後の瓦屋根
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
軽量シルガード
築年数
築22年
建坪
保証
工事費用
施工事例

千葉市花見川区横戸町で小屋根と外壁の取り合いの改修と銅屋根葺き替えで雨漏り解消

屋根と外壁の取り合い改修前
屋根と外壁の取り合い改修後
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
軽量なんばん,銅板
築年数
不明(かなり長い)
建坪
保証
工事費用
施工事例

千葉市花見川区天戸町の工場にてスレート葺き替え工事を行い雨漏りを改善

大波ケラバの破損
スレート葺き替え工事
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
工場・倉庫などの外装リフォーム
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用