千葉市花見川区で強風により飛散した棟板金、早期に交換する事で雨漏りの不安を解消


千葉市花見川区で棟板金交換工事を行なっています。強風が吹いた翌日に、お客様が庭に棟板金が落ちているのを発見し、点検のご相談をいただきました。点検したところ飛散や捲れ箇所があり、屋根全体の棟板金を交換する運びとなりました。棟板金は、屋根の山状になっている頂点部分に設置されています。風の影響を受けやすいので、台風などの強風や突風の被害に遭いやすい部分になります。屋根材と屋根材が接合する部分に設置されており、下地材の貫板を屋根下地に固定し板金で覆って、建物内部に雨水が浸入するのを防いでいます。
DSC_2616_R-1
DSC_2614_R
棟板金の交換は、まず既存の貫板と棟板金を撤去します。全て撤去したら、新しい貫板を屋根下地にSUSビス(ステンレス製ビス)で留めていきます。貫板の設置完了後、板金を設置していきます。使用する板金は錆や腐食に強く耐久性のあるガルバリウム鋼板を使用します。棟板金も貫板と同様にSUSビスで留めていき設置完了です。最後に棟板金の接合部分をコーキング材を使用し防水処理を施したら棟板金の交換工事は完了になります。
171208_0010_R
171208_0006_R
棟板金や屋根材の下にはルーフィングが葺かれており、飛散や捲れた状態を放置してしまうと雨漏りに繋がりますが、早期に対応した事により不安も解消されお客様に満足していただけました。
屋根調査・屋根工事のご相談は街の屋根やさん0120-990-366にお気軽にお問い合わせください。調査・お見積は無料です。スタッフ一同心よりお待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

習志野市で強風により剥がれた軒天化粧ベニヤを張替!タフモックで棟板金の下地も補強

軒天の剥がれ点検
軒天張替工事
工事内容
破風板・軒天部分補修
棟板金交換
使用素材
軒天用化粧ベニヤ 樹脂製貫板タフモック
築年数
築40年以上
建坪
保証
工事費用
施工事例

強風により飛散した棟板金の交換工事|千葉市若葉区

DSC_4121_R-1
P1060049_R
工事内容
棟板金交換
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

DSC_2954_R

千葉市稲毛区のお客様より「屋根の板金が強風で落ちてきた。屋根の状態が心配なので点検してほしい。」と、ご相談をいただき棟板金の調査を行いました。棟板金とは、主にスレート屋根の頂点に設置されています。屋根材と屋根材の接合部分を覆っており、雨水の...........

P4120057_R

千葉市中央区のお客様より「近隣の方から屋根の板金が剥がれていると言われたので点検してほしい」とご相談をいただき、化粧スレートの棟板金調査を行いました。棟板金には下地材となる貫板を屋根に固定し、板金を覆うのですが貫板は木製ですのでどうしても経...........

P4120069_R

千葉市中央区のお客様より「屋根の板金が剥がれてしまって地面に落ちていた。屋根の状態が心配なので点検してほしい」とご相談をいただき、化粧スレート屋根の棟板金調査を行いました。最近、風の強い日が続きますが台風や強風の影響を受けてお問い合わせをい...........