千葉市花見川区千種町の築18年の化粧スレート屋根、塗膜が剥がれ防水性の低下や苔の発生から屋根塗装工事で解消


千葉市花見川区千種町で行った築18年の化粧スレート屋根の調査の様子をご紹介します。「屋根に苔が生えているので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。築18年で初めてのメンテナンスになります。こちらのお客様邸の屋根材は化粧スレートです。化粧スレートなどの建築資材は塗装で保護されており、防水性や耐久性を保持しています。一般的に10年毎に塗り替えを行うと良いとされていますが、下から屋根を見上げて色褪せてきたら塗り替えのサインです。しかし、こちらのお客様は「まだ大丈夫だろう」と、放置してしまった結果、塗膜が剥がれ防水性が低下し、化粧スレートが雨水を吸収しやすくなり、水分を好む苔や藻、カビが多く発生してしまったのです。
千葉市花見川区千種町で行った築18年の化粧スレートの防水性が低下し苔や藻、カビが発生しています
千葉市花見川区千種町で行った築18年の化粧スレート屋根の塗膜が剥がれ雨水を吸収しやすくなっています
下屋根を調査すると、陽当たりが悪く日照時間の短い北側に苔や藻、カビが多く発生しているのを発見しました。北側の下屋根は特に日陰になりやすく乾燥されにくい場所なので、防水性が低下し、雨水を吸収しやすくなると苔や藻、カビが発生してしまうのです。
千葉市花見川区千種町の築18年のスレート屋根の北側の下屋根に苔や藻、カビが発生しています
千葉市花見川区千種町で陽当たりの悪い北側に苔の発生が顕著
千葉市花見川区千種町でスレートとスレートの重なる部分に苔が発生し排水不良に繋がります
屋根材と屋根材が重なる部分は雨水が吹き込んでも外へ雨水が逃げられるように排水の為の隙間が設けられています。しかし、この隙間を苔などが埋めてしまうと雨水が逃げ道を失い排水不良が原因で防水紙の上に滞留してしまい、防水紙の劣化を早めてしまう事に繋がります。苔などの発生を放置してしまい雨漏りが発生するケースも少なくありません。また、防水性の低下は屋根材の耐久性の低下にも繋がりますので、お客様には高圧洗浄で苔などを綺麗に除去してから塗り替える屋根塗装工事をご提案しました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

千葉市中央区大森町にてスレート屋根から雨漏りする前に屋根塗装、棟板金交換工事で解消

スレート屋根工事前調査
屋根塗装、棟板金交換工事完了
工事内容
棟板金交換
屋根塗装
足場
使用素材
日本ペイントサーモアイSI
築年数
35年
建坪
109㎡
保証
10年
工事費用
80万円 仮設足場費用含む
施工事例

千葉市稲毛区宮野木町にて強風被害、剥がれた棟板金の交換を機に屋根塗装

b-33
棟板金交換と屋根塗装後の屋根
工事内容
棟板金交換
屋根塗装
足場
使用素材
ファインパーフェクトベスト
築年数
15 年
建坪
約28坪
保証
屋根塗装8年
工事費用
約45万円
施工事例

船橋市小室町で屋根・外壁塗装とアパートの外装をフルメンテナンス

アパート塗装前
アパート塗装後
工事内容
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
足場
使用素材
屋根塗装:シリコンベスト,外壁塗装:パーフェクトトップ
築年数
20年
建坪
保証
屋根塗装10年 外壁塗装10年
工事費用
お問い合わせください

同じ地域の施工事例

施工事例

千葉市花見川区朝日ヶ丘で棟瓦取り直しで歪みがでてきた棟を真っ直ぐに!

棟取り直し前の瓦屋根
棟取り直し後の瓦屋根
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
軽量シルガード
築年数
築22年
建坪
保証
工事費用
施工事例

千葉市花見川区横戸町で小屋根と外壁の取り合いの改修と銅屋根葺き替えで雨漏り解消

屋根と外壁の取り合い改修前
屋根と外壁の取り合い改修後
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
軽量なんばん,銅板
築年数
不明(かなり長い)
建坪
保証
工事費用
施工事例

千葉市花見川区天戸町の工場にてスレート葺き替え工事を行い雨漏りを改善

大波ケラバの破損
スレート葺き替え工事
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
工場・倉庫などの外装リフォーム
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

塗膜が剥げた棟板金

お家の屋根が化粧スレートで築年数が20年程度、化粧スレートの屋根の耐用年数は30年程度なので、屋根塗装でメンテナンスするのか、屋根カバー工法で屋根リフォームしてしまうのか、お悩みになる方は多いと思います。八千代市米本のお客様も同様の問題で悩...........

スレート屋根の調査で割れを確認

スレート屋根の調査を実施致しました。苔カビの繁殖がありました